[医療脱毛/効果]医療レーザー脱毛の3つの効果と実感できる期間

医療脱毛の効果は、厚生労働省に認められた脱毛レーザー機器を使うことで「短期間」で、「肌をつるつる」にして、脱毛完了後も「再生率が少ない」3つの効果を期待することができます。

[医療脱毛/効果]:エステ脱毛とメリット・デメリットの違いを比較

光脱毛のメリット ・肌への負担が少ない

・料金が安い

光脱毛のデメリット ・永久脱毛ではなく減毛が目的

・効果が弱い

・通院回数が多くなる

医療脱毛のメリット ・永久脱毛でムダ毛の再生率が少ない

・出力の高い脱毛機器だから脱毛効果が高い

・通院回数が少なくて済む

医療脱毛デメリット ・費用が高い

・部位によっては痛みがある

医療脱毛はエステ脱毛よりも確実な脱毛効果を期待することができます。

まず、医療脱毛と脱毛サロンは目的に違いがあります。

医療脱毛は、永久脱毛を目的とした施術である一方、エステ脱毛は減毛・除毛が施術の目的となっています。

そのため、エステ脱毛では永久脱毛をすることはできません。

さらに、エステ脱毛ではエステシャンが出力の弱いフラッシュ式(光脱毛)を使って施術するのに対して、医療脱毛では、お医者さんが国に認めたれた病院でしか使うことができないパワーの強い脱毛機器で施術をします。

光脱毛は、出力が弱い分肌にかかる負担や痛みは少なくなりますが、高い脱毛効果を期待することはできません。

一方で、医療脱毛は高出力の脱毛レーザー機器で脱毛をするので痛みは伴いますが、出力が強い分高い脱毛効果が期待できます。

それに、医療脱毛なら光脱毛に比べて必要な脱毛回数が圧倒的に少なくて済むので、短期間で脱毛したいのであれば医療脱毛です。

また、最近ではエステ脱毛では効果ないと感じ、より高い脱毛効果を実感するために、エステ脱毛から医療脱毛に乗り換える人が多くなっています。

ぶっちゃけどっちがいいかは個人の条件によって違います。

しかし、より高い脱毛効果を望むなら、医療脱毛クリニックです。

[医療脱毛/効果]脱毛サロンから医療脱毛に乗り換えた人の口コミ

自分は脱毛サロンと医療脱毛のどちらとも経験したことがあります。

理由は、脱毛サロンで毛を細くしてから、医療脱毛を受ければ痛みが減ると聞いていたからです。

でも、実際に両方通ってみると、どちらも痛みがありました。

それに、脱毛サロンで毛を細くするにしても半年はかかります。

医療脱毛クリニックで半年あれば、ほとんどムダ毛がなくなっています。

結局、脱毛サロンでは痛みの割に効果が現れなかったので、今では、医療脱毛クリニックの乗り換え割を使ってエステから医療脱毛に乗り換えました。

医療脱毛は痛みはありますが、脱毛の効果を考えると圧倒的に脱毛サロンよりも高いので今では医療脱毛に通っています。

今では、痛みに耐えれなかったら麻酔を使おう!ぐらいの気持ちで脱毛クリニックに通っています。

脱毛サロンから医療脱毛への乗り換え割があるのは湘南美容外科クリニックです。

引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12100476892

[医療脱毛/効果]医療レーザー脱毛機械の種類と効果の違いを比較

医療脱毛では、厚生労働省で認められた高出力(パワーが強い)医療レーザー脱毛機器が使用できます。

医療脱毛は値段が高いというデメリットがありますが、美容エステで使われる光脱毛、自宅でできる家庭用脱毛機器とは比べらものにならない脱毛効果が期待できるのが最大のメリットです。

また、医療レーザー脱毛は、脱毛効果だけではなく、シミや毛穴をなくす美肌効果も合わせて期待することができます。

一方で、医療行為である脱毛は、自分に合った脱毛機器を選ばないと火傷、硬毛化らの副作用が出る場合があります。

副作用のリスクを避けるためにも、それぞれの特徴の違いを理解して、自分の毛質・肌質に合った脱毛機器を選ぶ必要があります。

クリニックでは、カンセリングの際にテスト照射をすることができるので、それぞれの脱毛機器の特徴を確認することができます。

アレキサンドライトレーザー ダイオードレーザー ヤグレーザー
効果特徴 美肌効果

冷却ガス(ジェルなし)

施術漏れが少ない

施術時間が短い

ジェルあり

深い根元にリーチできる

日焼け肌・色黒もOK

ジェルなし

波長 755ナノメートル 808ナノメートル 1,064ナノメートル
全身脱毛の施術時間 120分 90分 180分
痛み ⚪︎ ×
効果的な毛質 全般(産毛以外) 細い毛

濃い毛

濃い毛

・アレキサンドライトレーザーがオススメな人は、脱毛効果と美肌効果を両方実感したい人

・ダイオードレーザーは、痛みに弱い人、短い時間で施術したい人におすすめの脱毛器

・ヤグレーザーは、他の機器では残った残り毛を脱毛したい人におすすめの脱毛器

[医療脱毛/効果]アレキサンドライトレーザーの特徴と種類

アレキサンドライトレーザーは、アメリカの政府機関や日本の厚生労働省に認められた定番の医療レーザー脱毛機器です。

アレキサンドライトレーザーには、ジェントルレーズ、ジェントルマックスの2つの機械の種類があります。

アレキサンドライトレーザーの脱毛の仕組みは、755nmの波長の長さと高いジュール数で毛根の黒いメラニン色素を破壊して脱毛します。

一方で、アレキサンドライトはメラニンの黒い光に反応するため、産毛や細い毛、ほくろに生えているムダ毛には対応できません。

そのほかにも、色黒(地黒肌)、日焼け肌の人はカウンセリングの際に断られる場合があります。

アレキサンドライトレーザーは元々は、美容皮膚科でニキビ治療に使われているレーザー機器なので、シミや毛穴を閉じる効果も合わせて期待できます。

照射の際には、冷却ガスで肌を冷やしながら照射するので、火傷、炎症等の肌トラブルの副作用の心配がありません。

ほかにも、冷却装置があることで、照射前にジェルを塗らなくて済むのでジェルが嫌いな人に向いています。

アレキサンドライトレーザーがオススメな人は、

メリット

・ニキビやシミ、毛穴の開きなど美肌効果が期待できる

・脱毛前にジェルを塗る必要がない

・肌トラブルの副作用の可能性が少ない

デメリット

・色黒、日焼け肌の人は脱毛できない場合がある

・産毛や細い毛には効果ない

[医療脱毛/効果]ダイオードレーザーの特徴と種類

ダイオードレーザーは、アメリカの厚生省(FDA)にて永久脱毛の効果と安全性が認可されている最先端の医療レーザー脱毛機器です。

ダイオードレーザーには、熱破壊式(HR)と、蓄熱式(SHR)の2種類があります。

[医療脱毛/効果]メディオスターNeXT PRO(ネクストプロ)とは

メデイィオスターネクストプロは、最新の蓄熱式のダイオードレーザーです。

アスクレピオンというドイツのメーカー会社が製造している脱毛機器で、アメリカの厚生省(FDA)に永久脱毛効果がある脱毛機として薬事承認されています。

メデイォスターNeXT PROは、エビデンス(医学的根拠)と安全性が認可されています。

メディオスターは、一般的に男性の髭脱毛に使われる脱毛レーザー機器です。

[医療脱毛/効果]メディオスターの特徴と仕組み

メディオスターは、バルジといわれる発毛因子を熱によって破壊して脱毛する仕組みです。

従来の脱毛機器は、毛根のメラニン色素に反応して毛根を破壊する仕組みでしたが、メディオスターは発毛の原因と解明されているバルジ領域を破壊してムダ毛の再生を阻止します。

メディオスターの波長は、808と940ナノメートルの2波で同時照射していきます。

808 毛根のメラニン色素を破壊

940 バルジ領域を破壊

メディオスターは、1回の照射で2つの発毛因子を同時に破壊できます。

また、メディオスターの照射口は四角形になっており、ハンドピースには3種類のサイズがあるので部位によって使い分けることができます。

メデイォスターは、肌を照射口で吸引して脱毛していくので、脱毛前にはジェルが必要になります。

[医療脱毛/効果]メディオスターのジュールの最大出力

メデイォスターのジュールの最大出力は16になります。

1回目では、肌荒れや火傷のリスクを減らすために、弱いジュール数で照射していきます。

1回目の施術で副作用の問題がなければ、2回目からは通常通りの強さで施術が行われます。

また、スタッフさんが、患者さんの肌質を見てジュールの設定を行うので、出力には個人差があります。

[医療脱毛/効果]メディオスターのヒゲ脱毛はいつから効果実感できる?

メディオスターは、従来のアレキサンドライトレーザーとは違い、脱毛後すぐにポロ期がきてポロポロと抜け始めることはありません。

そのため、アレキサンドライトを使っていた人には、メデイォスターは抜けないと感じる人がいるかもしれません。

メディオスターの抜け方は、脱毛後2週間くらいから抜け始めます。

個人や部位によっては抜け始める時期は差があります。

しかし、メディオスターも一定の回数、期間が経過すれば、高い永久脱毛効果が期待できるレーザー脱毛機器です。

[医療脱毛/効果]メディオスターのヒゲ脱毛の間隔は毛周期が重要

メディオスターでヒゲ脱毛する時のベストの間隔は、毛周期の成長期に合わせることです。

ヒゲの毛周期は、1ヶ月半から2ヶ月になるので、一回目の照射後から2ヶ月は期間を空けることがおすすめです。

脱毛完了するまで、一定の期間をあけて脱毛に通うことで高い効果が期待できます。

[医療脱毛/効果]メディオスターのヒゲ脱毛の回数は何回?

メデイォスターでヒゲ脱毛が完了するまでの回数は10回〜12回になります。

毛周期の2ヶ月間あけて通院すれば、時間は1年半から2年で脱毛完了します。

[医療脱毛/効果]メディオスターで抜けないのは効果ない

脱毛後から一定期間時間が経ってもムダ毛が抜けない場合や、また生えてくる場合はメディオスターが効かないのではなく、毛周期が関係してきています。

毛周期の成長期に脱毛することで、高い効果が期待することができますが、退行期に脱毛をしてもムダ毛は減らない場合があります。

高い効果を出すためにも、毛周期に合わせた脱毛が重要です。

[医療脱毛/効果]メディオスター のデメリット

男性のヒゲ脱毛に人気のメディオスターですが、デメリットもあります。

メディオスターは、最新の脱毛機器になるので、世界においても他の脱毛器に比べると実績が少ないです。

また、メディオスターを取り扱っているクリニックも少ないことが現状です。

ほかにも、メディオスターは自分の好きな形で脱毛するデザイン脱毛はできません。

[医療脱毛/効果]メディオスターがおすすめ・向いている人

メデイォスターは、他の脱毛機械に比べて圧倒的に痛みが弱いので、痛みを少なくして脱毛したい人に向いています。

また、バルジ領域を破壊して脱毛をするので、色黒、日焼け肌の人でもメディオスターなら脱毛することができるのでおすすめです。

[医療脱毛/効果]ライトシェアデュエットの仕組みと特徴

ライトシェアデュエットは、アメリカのルミナス社が開発したダイオードレーザーになります。

世界で初めてアメリカのFDA(厚生省)から認可された脱毛機械で、実績も多い1番定番の医療レーザー脱毛機械です。

ライトシェアデュエットの脱毛方法は、毛根の黒いメラニン(発毛細胞)を熱で破壊する熱破壊式の仕組みです。

そのため、色素沈着がひどい日焼け肌や色黒の人はライトシェアデュエットを使うことはできません。

波長は810ナノメートルあり、アレキサンドライトレーザーよりも深いところにある毛根までレーザーを届かせることができるのも特徴です。

最大出力(ジュール数)は、100になります。

ライトシェアデュエットなら、細い毛から剛毛な太い毛まで対応することができます。

[医療脱毛/効果]ライトシェアデュエットの痛み

ライトシェアデュエットは、他の脱毛器に比べて痛くない脱毛器として口コミで話題です。

ライトシェアデュエットは、冷却装置が付いており、肌を冷やしながら脱毛をしていきます。

そのため、痛みが軽減されます。

また、火傷(やけど)、硬毛化などの肌への負担も少なく脱毛することができます。

痛い脱毛が苦手な人には、ライトシェアデュエットがおすすめです。

[医療脱毛/効果]ライトシェアデュエットの抜けるまでの回数は何回?

ライトシェアデュエットで脱毛した後、ムダ毛抜けるまでの回数は部位や個人差があります。

1回目から効果を実感することができることもあれば、5回目から抜け始めることもあるので一概には言えません。

[医療脱毛/効果]ライトシェアデュエットの間隔の期間

ライトシェアデュエットは、毛周期に合わせて脱毛の間隔を空ける必要があります。

医療脱毛では、平均の目安が2ヶ月になります。

毛周期を気にせずに、間隔をあけて脱毛を行っても効果ないので抜けないようになってしまいます。

[医療脱毛/効果]ライトシェアデュエットがおすすめな人

ライトシェアデュエットは、1回の照射範囲が広いので、照射時間が早く脱毛したい人におすすめです。

また、照射漏れ(打ち漏れ)の可能性も少なくなるので、再照射したくない人はライトシェアデュエットがいいでしょう。

[医療脱毛/効果]ヤグレーザー(YAGレーザー)の特徴と種類

ヤグレーザーは、アメリカのシネロン・キャンデラという会社が開発した脱毛機器です。

ヤグレーザーには、ジェントルヤグとジェントルマックスという2つの機種があります。

仕組みは、黒いメラニン色素に反応して、細胞を破壊する熱破壊式の脱毛機器です。

YAGレーザーの1番の特徴は、波長が1,064ナノメートルと従来の機器の中で最長の長さになっています。

そのため、濃く根深い毛にもレーザーが届くので、他の脱毛器では効果がなかった人の最後の手段として使われることが多いです。

また、波長が長いことから、色素沈着した日焼け肌でも脱毛することができます。

しかし、産毛や細い毛には効果が弱くなってしまいます。

ヤグレーザーは、脱毛だけではなく美肌効果も期待することができます。

なぜなら、ヤグレーザーは美容皮膚科でシミやソバカスの除去にも使われているレーザーだからです。

ヤグレーザーの脱毛時には、ガス冷却しながら照射していくので、火傷のリスクが最小限に抑えられています。

ヤグレーザーの照射どきには、ジェルは不要です。

[医療脱毛/効果]ヤグレーザーがおすすめな人

・他の脱毛機種では効果がなかったムダ毛を脱毛したい人

・日焼け肌で他の脱毛クリニックでは断られた人

・美肌効果も得たい人

・VIOや脇の濃くて太い毛を脱毛したい人

[医療脱毛/効果]メカニズム 1:効果の持続期間はどのくらいもつ?

医療脱毛は、脱毛サロンとは違い永久脱毛の効果を期待できます。

しかし、永久脱毛といっても脱毛後にムダ毛が一生生えてこない訳ではありません。

永久脱毛の条件は、FDAによって決められています。

最終脱毛後から1ヶ月後の毛の再生率が20%である脱毛法

永久脱毛の定義
引用:https://www.rizeclinic.com/knowledge/eikyu.html

つまり、永久脱毛とは、脱毛後からほとんどムダ毛が生えてこないことを指します。

一方で、ミュゼなどの脱毛サロンで行われる光脱毛の目的は、一時的な減毛になります。

そのため、永久脱毛の効果を得たい人は医療レーザー脱毛になります。

部位によって差はありますが、医療脱毛のツルツルになるまでの回数の目安は5回〜8回になります。

医療脱毛は施術回数が少なくて済むので、短期間で脱毛を完了したい人におすすめです。

脱毛後に、持続期間がどのくらいもつかは個人差がありますが、1年、2年以上はツルツルの肌をキープできることが多いです。

万が一、生えてきたとしても産毛のような細い毛がまばらに生えてくるぐらいなので、脱毛前のような太い毛は再生されることは少ないでしょう。

確実に一生生えてこない効果が欲しいのであれば、現在ではニードル脱毛しか方法はありません。

[医療脱毛/効果]メカニズム 2:いつから実感できるのか?平均日数と期間

医療脱毛の効果は、何回目から効果が出るかは個人差がありますが、平均目安6回前後からスルッと抜けるようになり実感することができます。

脱毛翌日や1週間目など最初一回目の後から効果が現れることはほとんどありません。

しかし、なかにはポップアップ現象といって、照射後翌日にムダ毛が毛穴なから落ちる現象が起きる場合もあります。

効果が出るまでに日数がかかるからといって自分が受けた施術が効果ない訳ではありません。

脱毛は、一回で終わることはないので、毛周期合わせた正しい間隔で、脱毛を継続していくことで脱毛効果が出始めます。

効果の現れ方も部位や毛質によって様々です。

どうしても一回で終わる永久脱毛をしたいのであればニードル脱毛しかありません。

[医療脱毛/ 効果]レーザー脱毛後に効果ないのは失敗?抜けない原因を解説

医療脱毛を5回継続してもムダ毛が抜けない場合や、効果を感じない場合には失敗が考えられます。

失敗の原因には様々な理由があります。

体験者の口コミを元に失敗例を紹介します。

・施術回数が足りてない

・脱毛レーザー機器の出力弱い

・スタッフの照射漏れ

・色素沈着がある

・日焼けしている

・間違った自己処理方法

・剃り残しがあった

一つずつ見ていきましょう。

[医療脱毛/効果]脱毛後に効果ない原因1:回数が少ない

医療レーザー脱毛は、1回目から効果を実感することはできません、効果が出るまでにはそれなりの回数が必要です。

部位ごとの、平均目安の期間を継続することによって抜け始めます。

何回くらいで生えてこなくなるのかは、部位によって平均回数が違います。

[医療脱毛/効果]脱毛後に効果ない原因2:脱毛レーザー機器の出力が弱い

脱毛レーザー機器の出力レベルが、弱すぎると効果が感じにくい場合があります。

しかし、出力レベル(ジュール数)を上げて脱毛することで、効果が高くなることが期待できますが、同時に痛みや肌のダメージにも影響が出る場合があります。

どのくらいのジュール数がいいかは個人差があるので、レーザー脱毛の実績のあるスタッフさんを選ぶことが効果を上げるために必要です。

[医療脱毛/効果]毛後に効果ない原因3:スタッフの技術(照射漏れ)

照射漏れを見分ける方法は、残り毛の残り方が判断基準になります。

残り毛がまとまって抜け残る原因は、スタッフの打ち漏れの可能性が高くなります。

しかし、クリニックによっては打ち漏れ、照射もれを認めない場合があります。

クリニックが照射漏れを認めないと再照射してもらえないので、残り毛がある場合は、その部位を写真に撮って証拠として持っていきましょう。

照射漏れを防ぐには、脱毛経験の豊富な実績のあるスタッフに施術してもらうしかありません。

[医療脱毛/効果]脱毛後に効果ない原因4:肌に色素沈着がある

色素沈着がある場合は、レーザー脱毛の出力を下げて脱毛されることがあります。

にきび跡や黒ずみがある場合には、高出力で脱毛すると肌トラブルの原因となるからです。

色素沈着があってもレーザーの種類によっては、脱毛できることがありますが、出力が弱すぎて効果ない場合があります。

また、肌が乾燥している場合も同じでレーザーの主力を下げて脱毛される場合があります。

色素沈着や乾燥がある場合には、治療で改善してから脱毛するといいでしょう。

[医療脱毛/効果]脱毛後に効果ない原因5:日焼けをしている

レーザーが日焼け部分にも反応を起こしてしまい、レーザーの光が分散してしまい効果が薄くなる場合があります。

どのくらいの日焼けならOKかはクリニックの判断位よって変わりますが、脱毛前に、日焼けしてしまったら期間を空けることが重要です。

また、日焼け止めをすれば脱毛できると考える人もいますが、日焼け止めもダメです。

日焼け止めを塗ってしまうと毛穴が白くなってしまい、黒いメラニンに反応するレーザーが反応しにくくなってしまうからです。

脱毛の効果を高めるためにも、日焼けには注意が必要です。

[医療脱毛/効果]脱毛後に効果ない原因5:間違った自己処理・スキンケア

間違った方法で前処理すると、ムダ毛の毛周期のタイミングが変わってしまい、効果が薄くなってしまいます。

そのため、レーザー脱毛後に抜ける前にムダ毛を除毛クリームや、毛抜きで抜くのはNGです。

ムダ毛は抜くのではなく、シェーバーやカミソリで剃ることが大切です。

また脱毛中に自己処理する場合も、シェーバーを使って剃るように心がけることが重要です。

脱毛後いつから自己処理するか悩まれる人も多くいますが、自己処理のタイミングは最低でも1週間は空けるといいでしょう。

理由は、肌が軽い火傷のような炎症を起こしているからです。

炎症が治らないうちに、自己処理をすると肌とラブのもとにもなってしまいます。

[医療脱毛/効果]脱毛前に剃り残し・剃り忘れがあった

脱毛前に剃り残しがあると、レーザーの光が根元まで届かなくなってしまい、脱毛効果が感じられなくなります。

では、剃り残しの許容範囲はどれくらいの長さ?何ミリになるのでしょうか?

剃り残しの許容範囲は、2mm程度になります。

しかし、剃り残しを気にしすぎて間違った前処理をしてしまうと、肌を傷つけて肌トラブルになって効果が薄れてしまいます。

ピンセットでムダ毛を抜いたり、ガムテープを使った自己処理はNGです。

VIOや背中・うなじ、脇などの自己処理が難しい部分はクリニックのシェービングサービスを利用することがおすすめです。

また、剃り残しで注意しないといけないのは太い毛よりも産毛などの細い毛になります。

太い毛は見つけやすいですが、細い毛(産毛)は見つけにくく照射漏れが起きる可能性があることが理由です。

[医療脱毛/効果]最大まで効果を高めるコツを紹介

脱毛の効果を高めるためには、日頃の意識がとても重要です。

日常生活から正しいセルフケアをすることで、脱毛効果を上げることができるようになります。

脱毛の効果を早めるために今日からできるコツを紹介していきます。

[医療脱毛/効果]最大まで上げるコツ1:保湿ケアで乾燥を防ぐ

お肌が乾燥している状態よりも、保湿肌の方が高い脱毛効果を期待できます。

理由は、肌が乾燥している状態では、脱毛レーザーの出力を下げて施術することになってしまうからです。

生活習慣から化粧水や保湿クリームやローションでこまめにケアして乾燥防止することが重要です。

ケアに使う化粧水は市販されているニベアがおすすめです。

脱毛当日は化粧水やワセリンなどの保湿クリームを塗るのは控えましょう。

[医療脱毛/効果]最大まで上げるコツ2:食材・食べ物

抑毛効果のある成分が含まれた食べ物を摂取することで、抑毛を促進して脱毛効果を高めることができます。

毛を薄くする食べ物で有名なのは、大豆や豆乳になります。

これらの食べ物には、イソフラボンという体毛の抑毛効果の成分が多く含まれていることが理由です。

イソフラボンは女性ホルモン(エストロゲン)と似ていることから、植物性エストロゲンとも呼ばれています。また、エストロゲンと似た作用を生じると知られています。

イソフラボンの働きについて
引用元:https://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/h0202-1a.html

これらの食事治療法は、医療脱毛らの施術は違い即効性は期待できませんが、継続していくことで効果を期待することができるようになっていきます。

また抑毛効果がある飲み物は、プラセンタドリンクになります。

プラセンタは代謝を高め、ホルモンバランスを整えてくれる働きがあるからです。

ホルモンバランスを整えて、美肌になることで高い脱毛効果も期待できるようになります。

[医療脱毛/効果]最大まで上げるコツ3:毛周期に合わせた間隔

脱毛の効果を高めるためには、毛周期の成長期に合わせた間隔・タイミングで脱毛しないといけません。

毛周期には、成長期と退行期と休止期の3つに分けられます。

より高い効果を出すためには、成長期の毛を定期的に脱毛しないといけません。

そのため、短い間隔で頻繁に脱毛をすればいいというものではありません。

部位によって毛周期が1ヶ月おきにきたり、2ヶ月をおきにきたりします。

脱毛の効果を高めるために、毛周期のサイクルを考えて予約を取るようにしましょう。

毛周期のサイクル
引用:http://www.epi.gr.jp/document/guide_01.html

[医療脱毛/効果]期間あけすぎたり中断するのはNG

医療脱毛では、初回から2回目の期間をあけすぎるのはNGです。

なぜなら、初回はクリニック側が肌トラブルが起きないか肌質を確認するために、わざとレーザーを弱い出力にして施術を行うからです。

そのため、1回目から2回目の間隔が空いてしまうと、2回目でも1回目と同じ弱い出力で試されてしまういます。

毛周期を無視すると短い期間で効果を出すことができなくなってしまうので、できるだけ毛周期のペースに合わせた間隔で予約を取ってムダ毛の脱毛に通うのがベストです。

[医療脱毛/効果]部位別の回数:顔(フェイシャル脱毛)

1回目 肌トララブルを避けるために、出力を弱くして脱毛して様子を見る。
5回目 自己処理がいらないくらいの効果が期待できる
8回目 ツルツルの肌になる

メンズ医療脱毛の顔脱毛は平均5回目から効果を実感することができます。

脱毛が完了する回数は約8回になり、期間にすると約1年半の時間が必要になります。

また、顔脱毛の毛周期は約1ヶ月になるので、1ヶ月以上は間隔空けて脱毛することが効果を高めるコツです。

顔脱毛をすることで、毛穴の開きを改善し、ニキビ予防をすることができます。

ほかにも、顔面の産毛を脱毛することで美肌になり、化粧のノリが良くなります。

フェイスの産毛には、細い毛も脱毛できるダイオードレーザーの相性がよくなります。

ダイオードレーザーなら火傷などの肌トラブルもほとんどりません。

顔脱毛の料金の相場は、1回あたり27,000円になります。27,000円以下であれば料金が安いと考えていいでしょう。

[医療脱毛/効果]部位別の回数:メンズのヒゲ(髭脱毛)

1回目 髭が生えるスピードが遅くなる。
5回目 自己処理しなくていいぐらいの効果が実感できるようになる。
8回目 ツルツルになり脱毛が完了する。

髭脱毛で薄くするには最低でも5回は回数が必要です。

ツルツルになるまでの目安は8回となり、必要な期間は約1年半になります。

1回、2回の回数ではヒゲは薄くならないので、最低でも8回は通うべきです。

またポロポロ抜け落ちるポロ期が来るまでには2週間前後時間がかかります。

どれくらいの間隔を空けるかは毛周期を参考にしましょう。

ひげの毛周期は1ヶ月半〜2ヶ月になるので、2ヶ月は間隔をあけて脱毛することでより高い効果を期待できます。

ヒゲ脱毛は、一度、ツルツルに脱毛を完了すれば、脱毛前のような青ヒゲや濃いヒゲは2度と生えないので安心してください。

[医療脱毛/効果]部位別の回数:胸毛(ギャランドゥー脱毛)

男の胸脱毛の永久脱毛でツルツルの効果が出るまでの回数は約1o回になります。

脱毛を完了するまでには、約2年の期間が必要になります。

胸毛の毛周期は2ヶ月以上となっているので、1回目の施術から2ヶ月は期間を空けることで高い効果を期待することができます。

胸毛は比較的柔らかい毛が生えているので、脱毛の効果が出やすい部位であります。

しかし、胸全体の照射範囲が広いので、脱毛を完了するまでに時間がかかってしまいます。

また、黒いメラニンに反応して脱毛する仕組みの医療レーザー脱毛は、乳輪周りを脱毛することができない場合があります。または、胸脱毛には含まれないケースが多いです。

メンズ医療脱毛の胸脱毛の料金の相場は、1回あたり20,000円になります。

2万円以下であれば、安い考えていいでしょう。

[医療脱毛/効果]背中脱毛を完了する必要回数は何回?

背中脱毛のツルツルになって脱毛が完了するまでの必要回数は、8回になります。

毛周期は2ヶ月以上となるので、1回目の施術から2ヶ月以上は間隔を空けることで高い効果を期待することができます。

医療脱毛クリニックで背中脱毛をすることで脱毛効果だけではなく、ニキビへの効果も期待することができます。

なぜなら、レーザーによって毛穴を引き締めることができるからです。

一方で、サロンで使われる光脱毛は料金は医療脱毛と比較すると安いのですが、産毛などの細い毛がある部位には適していません。

サロンでは、照射の出力が弱いレーザーしか扱うことができないので、効果を感じられず後悔してしまうケースが口コミでも多いです。

また、脱毛クリームやカミソリを使って自分でセルフ脱毛をすることもできますが、肌とラブの原因となってしまい、硬毛化になってしまうことがあるので注意が必要です。

背中脱毛をするなら、医療脱毛クリニックです。

[医療脱毛/効果]脇脱毛に必要な回数は何回?

医療脱毛の脇脱毛で効果が実感できるまでに必要な平均回数は5回になります。

両脇がツルツルになって脱毛が完了するまでに必要な回数は6回になります。

ワキの毛周期は2ヶ月になるので、1回目の施術から最低2ヶ月は間隔を開ける必要があります。

光脱毛は料金が安く脱毛することができますが、脱毛レーザーの出力が弱いので濃い毛が生えるワキには高い効果を期待することはできません。

ワキ脱毛で高い効果で早く完了させたいのであれば医療クリニックでできる永久脱毛がおすすめです。

湘南美容クリニックなら、両脇脱毛の値段が6回で1000円になります。

[医療脱毛/効果] 手・指毛脱毛の回数は何回?

腕脱毛(二の腕、肘下、手の甲、指毛)の脱毛完了の目安の回数は、8回になります。

腕は6回ほどで毛が目立たなくなることが多いです。

腕の毛周期は、2ヶ月以上になるので、最低でも2ヶ月は期間をあけて脱毛することで高い効果を期待できます。

腕や指先に生える毛は細くて薄い毛が多いので、効果が出にくいパーツでもあります。

脱毛サロンで使われる光脱毛では照射パワーが弱すぎて産毛への効果が弱いので、出力の強い医療脱毛クリニックの方が高い効果を期待することができます。

医療脱毛の永久脱毛であれば、毛穴を引き締める効果も期待することができます。

医療脱毛の腕の料金の相場は、6回10万円になります。それ以下の料金であれば、料金が安いと考えていいでしょう。

[医療脱毛/効果]足脱毛は何回かかる?目安の回数

1回目の経過 1週間から2週間でポロ期がきてポロポロ抜け始める
3回目の経過 脱毛の効果を実感できるようになる
5回目の経過 自己処理がいらないくらいになる。

足の脱毛を完了(ツルツル)するまでにに必要な回数は平均8回になります。

ひざ下、ひざ上、足の甲、足の指、どの場所も5回目あたりから脱毛の効果を実感できるようになっていきます。

足の毛周期は2ヶ月になるので、最低2ヶ月は脱毛間隔を空けないと高い効果は感じられないことが多いです。

脚はすね毛などの毛穴が目立ちやすい部位ですが、医療脱毛なら高出力の脱毛機械で毛穴を引き締めることがでるので、毛穴を目立ちにくくすることができます。

しかし、脱毛サロンで使われる光脱毛では出力が弱いので高い効果が期待することができません。

また、足のムダ毛が一部抜けない場合は、スタッフの照射漏れであることが多いので、再照射をしてもらう必要があります。

足脱毛の料金の相場は、6回コースで10万円になります。料金が10万円以下であれば安いクリニックと考えていいでしょう。

[医療脱毛/効果]部位別の回数:VIO何回で薄くなる?

男性のVIO脱毛は何回で終わるのかは個人差がりますが、完了するまでの回数の目安は1o回になります。

5回目が経過したあたりから、効果を実感できるようになり、自己処理が不要になります。

脱毛が全て終わるまでの時間は、約3年必要になります。

デリケートゾーンの毛周期は、2ヶ月から4ヶ月になるので、他の部位に比べて脱毛の間隔の期間が長くなってしまいます。

VIOを自分の好きな形にデザインしたい場合は、2,3回目までは全照射を受け、薄くなってきてから期になる部分を脱毛していくことがおすすめです。

最近では、VIO(陰部)を全剃りするハイジニーナ男子が増えています。

VIOの脱毛をするなら照射レベルが弱い光ミュゼなどの脱毛よりも、高い照射レベルで脱毛することができる湘南美容外科でできる医療脱毛です。

医療脱毛で効果が出やすい部位・場所を解説

医療脱毛でムダ毛が抜けやすい部位は、太くて濃いムダ毛が生えている部位になります。

また、肌が柔らかい場所もムダ毛が抜けやすくなります。

つまり全身の中でワキが、一番脱毛効果が期待することができます。

毛深い剛毛な人(多毛症)ほど、レーザー脱毛の効果が感じやすいということです。

ほかにも、色白の肌の人は効果が出やすくなります。

医療脱毛は黒い沈着色素に反応するので、色白だとはっきりと色の区別がつくのでレーザーの光が分散されることなく照射することができるからです。

一方で、レーザー脱毛で効果が出にくい、残りやすい毛の特徴は、産毛や細い毛が生えている背中や顔になります。

毛が薄い人や毛が少ない体毛が薄い人は、効果が出にくくなります。

毛が少ない人は、レーザーが反応しにくいので効果出るまでに16回以上回数かかる場合があるので、脱毛を完了するまでに時間がかかってしまいます。

体毛が細い毛の人は、1本1本毛穴に針を刺していくニードル脱毛だと、高い効果を期待することができます。

[医療脱毛/効果]埋没毛(埋もれ毛)は脱毛できない?

埋もれ毛があっても医療脱毛なら施術を受けることができます。

また、医療レーザー脱毛で埋没毛は除去することができます。

埋もれ毛とは、皮膚の下で毛が成長することを言います。

とくに、脇や陰部の毛が濃い場所にできることが多くなります。

埋もれ毛の原因は、間違った自己処理によって起きてしまいます。

毛抜きやガムテープ、ピンセット、脱毛クリームなどでムダ毛を抜いてしまうことで起こりやすくなってします。

また、埋もれ毛を放置しておくことで、中で炎症を起こし、毛膿炎(ニキビのような黒いぶつぶつ)が出来てしまいます。

埋もれげのおすすめの対策方法は、医療レーザー脱毛です。

医療レーザー脱毛は、黒いメラニンに反応して毛根を破壊するので、埋もれ毛も破壊することができます。

一方で、脱毛サロンで使われる光脱毛(フラッシュ脱毛)は仕組みが違うので、埋もれ毛を除去することはできません。

医療レーザー脱毛は、埋もれ毛の治し方としても最適です。

また、医療レーザー以外にも、自宅で気軽にできるスクラブを使った対策がおすすめです。

スクラブで肌の余分な角質を落とすことで、皮膚の中にいる毛が外へと出やすくなるからです。

[医療脱毛/効果]わきがの臭いが治る?

医療脱毛でワキガは治りません。しかし、改善することは十分に可能です。

わきがの原因は、アポクリン汗腺から出る汗と臭いの元となる常在菌が交わってワキガ臭を発生させます。

常在菌はわきのムレによって、増えていきます。

つまり、脇毛を脱毛することによって、臭いの原因である常在菌を減らすことができるので、脱毛をすることでワキガの改善を期待することができます。

また、脱毛してからワキが臭い、わきがになった!という口コミもネット上にはありますが、脱毛をしても悪化することはまずありません。

しかし、ワキを脱毛することで、ワキに対するストレスがでてきます。

そのストレスで出る汗は通常の汗とは違い臭いがでてしまいます。

もし、脱毛後にわきがになったという人がいるのであれば、ストレスが原因と考えられます。

また、脱毛すると脇汗の量が増えるという人もいますが、これも脱毛によってワキの汗を感じやすくなってしまったことが原因で、根本的に汗が増えているわけではありません。

ワキガの人が脱毛しても、根本的な原因は治ることはありませんが、改善はすることができます。

[医療脱毛/効果]脱毛してからすそわきがが悪化する

VIO脱毛はすそわきがのにおいを軽減することができます。

すそわきがとは、陰部でわきがの臭いが発生することです。

どんなにおいかは個人差がありますが、鉛筆の芯のにおいなどが有名です。

ワキガと同じで男性の陰部には、アポクリン汗腺が多くあります。

アポクリン汗腺から出る汗と、毛のムレで発生する常在菌が交わって臭いが悪化してしまうのがすそわきがの原因です。

しかし、レーザー治療や光脱毛を行うことで、毛量が少なくなり、蒸れや汚れが少なくなります。

結果、すそわきがのにおいを軽減することができます。

すそわきがの根本的な原因を直すには手術しかありませんが、脱毛で臭いを対策することは十分に可能です。

また、脱毛してからすそわきがになるという口コミも見かけますが、脱毛が原因ですそわきがになることはまずありません。

[医療脱毛/効果]子供 中学生

医療脱毛は、中学生や高校生の子供でも受けることができます。

しかし、クリニックによっては、年齢制限が設けられている場合があります。

成長期の子供はホルモンの分泌が増えることで、ムダ毛が増えてきます。

特に、顔には産毛が多く生えるパーツになりますが、肌が弱い子供は肌が傷つきやすくなってしまいます。

そのため、医療脱毛はホルモンバランスが整っている年齢に達しないと受けることはできません。

安全に子供の脱毛をするために、脱毛クリームを使う方もいますが、脱毛クリームは永久の効果を期待できないのでおすすめできません。

医療脱毛には、皮膚科も用意されているクリニックがあるので、無料のカウンセリングを受けることがおすすめです。

[医療脱毛/効果]効果がすごい高い口コミで人気のクリニックは湘南美容外科

医療脱毛の高い効果が期待できるおすすめのクリニックは湘南美容外科クリニックです。

湘南美容クリニックでは、短期間で高い効果が期待できるのでランキングでも上位のクリニックです。

短期間で脱毛したい人は口コミでも評判が高い湘南美容外科クリニックです。

また全身脱毛・ワキ脱毛・VIO等の各部位の料金が安いのも人気の秘訣です。