医療脱毛で脱毛してよかった部位ランキング

男性の永久脱毛で脱毛してよかった部位ランキングの1位は髭脱毛です。

湘南美容外科なら、髭脱毛だけではなく、各部位を安い料金で脱毛することができるのでおすすめです。

クリニックの選び方で失敗したくないなら、湘南美容外科クリニックです。

[医療脱毛/部位]髭脱毛で効果が実感できるまでの平均回数は何回?

医療脱毛の髭脱毛で効果や変化が実感できる、抜け始めるまでにかかる平均回数は6回です。

肌がツルツルになって脱毛が完了するまでの目安の回数は10回になります。

一方で、脱毛サロンのヒゲ脱毛では、ポロポロ抜けるまでには最低でも12回の回数が必要になります。

髭脱毛を効果的に脱毛するには、毛周期に合わせた間隔を空けて通院する必要があります。

そのため、脱毛サロンのように変化が感じられるまでにかかる期間が長すぎると、途中で通院を止めてしまい結果的に後悔する人も沢山います。

短期間で効果を感じるなら、医療脱毛でできるレーザー脱毛がおすすめです。

湘南美容クリニックなら、髭脱毛のレーザー脱毛が業界最安値で受けることができます。

[医療脱毛/部位]髭脱毛の効果の経過

実際に髭脱毛の医療レーザー脱毛を受けた人の回数ごとの効果の現れ方を写真で紹介していきます。

今後ヒゲの永久脱毛を考えている人は参考にしてください。

[医療脱毛/部位]ヒゲ脱毛施術前の写真

[医療脱毛/部位]ヒゲ脱毛1回目の施術後の変化の写真

[医療脱毛/部位]ヒゲ脱毛2回目の施術後の変化の写真

[医療脱毛/部位]ヒゲ脱毛3回目の施術後の変化の写真

[医療脱毛/部位]ヒゲ脱毛4回目の施術後の変化の写真

[医療脱毛/部位]ヒゲ脱毛5回目の施術後の変化の写真

[医療脱毛/部位]ヒゲ脱毛6回目の施術後の変化の写真

[医療脱毛/部位]ヒゲ脱毛7回目の施術後の変化の写真

[医療脱毛/部位]ヒゲ脱毛8回目の施術後の変化の写真

[医療脱毛/部位]ヒゲ脱毛9回目の施術後の変化の写真

[医療脱毛/部位]ヒゲ脱毛10回目の施術後の変化の写真

引用:https://hige-gorilla-datsumo.com/complete/shibata/progress-0022.html

[医療脱毛/部位]髭脱毛の間隔はどのくらいあければいい?

髭脱毛の永久脱毛のベストの間隔は最低でも2ヶ月以上です。

ヒゲの毛周期の成長期のサイクルに合わせたスパンで脱毛に通うことで失敗をせずに高い効果を期待することができます。

早く脱毛を完了させたいからといって、2週間などの短い期間で脱毛をしても効果ないことになってしまいますから。

ほかにも、肌荒れの原因になってしまうこともあります。

逆に、間隔を空けすぎても高い効果は期待できません。

どのくらいあければいいかは、周期に個人差があるので、クリニックのカウンセリングで相談することが重要です。

自分にあった正しいスパンの頻度で脱毛に通うことがとても重要です。

湘南美容外科クリニックなら、髭脱毛前のカウンセリングも無料で行ってくれます。

[医療脱毛/部位]髭脱毛で効果ない原因

医療脱毛後に効果が実感できない時には、いくつかの原因があります。

体験談の口コミでよく見受けられる、脱毛後に髭が減らない、抜けないという人の多い特徴は、回数が足りてないケースがとても多いです。

永久脱毛は、1回の施術では効果を実感できないことが多いです。

最低回数の10回を継続することで、髭がポロポロ抜け始め、高い効果を期待できるようになります。

もう一つの抜けない原因で考えられるのは、レーザー機器が自分にあってない場合です。

レーザーには様々な出力のものがあり、自分の肌にあってないレーザーを使うと髭が薄くならないことがあります。

ほかにも、炎症が出てしまう場合があります。

男性の髭脱毛では、蓄熱式の照射力が弱いメデイォスターが使用されることが多いのですが、効果が出ない場合には、ヤグレーザーを使うのが一般的です。

レーザーが自分に合っていない場合は、クリニックのスタッフに相談してみましょう。

また、脱毛後に、まばらに髭が生えてくる場合は、照射漏れの可能性が高いです。

打ち漏れがあると、斑(ムラ)になって脱毛後に、髭がまた生えてくることがあります。

特に、顎は照射が難しい部位になるので、経験値の多い実績の高いクリニックのスタッフに施術してもらうのが失敗の確率を減らすコツです。

湘南美容外科なら、安心保証制度が用意されているので、脱毛後に髭が減らない場合や照射漏れがあった場合でも、無料で再施術してもらうことができます。

[医療脱毛/部位]髭脱毛後濃くなるどろぼうひげの原因と対策

髭の医療脱毛後に髭濃くなる現象を「泥棒ヒゲ」といいます。

また別名で「ポップアップ現象」とも呼ばれています。

一般的に知られている青髭とは違います。

どろぼうひげの原因は、レーザー脱毛後に焼けた髭が毛穴に残ってしまい毛穴で浮いて目立つようになってしまうことです。

目立つだけではなく、抜け落ちるまでに数日の期間がかかってしまうことがやっかいとされています。

泥棒ヒゲが抜け落ちるまでにはいつまでの期間がかかるかは個人差がありますが、目安としては3日〜5日で抜け落ちることが一般的です。

遅い人では2週間前後かかってしまうというひとも口コミは見受けられました。

その間は、泥棒ヒゲは柔らかくなっているため、髭剃りが施術前のようにはできません。

だからといって、どろぼうひげが自然に抜け落ちる前に抜くこともNGです。

どろぼうひげができてしまった時の対処法は、伸びるのを待って自然に抜け落ちるのを待つしかありません。

対策として電気シェーバーを使って優しく脱毛することもできますが、基本的には、抜け落ちるまではマスクで隠すなど抜け落ちるのを待つのがベストです。

泥棒ヒゲは、ツルツルの効果が現れるまでの大事な過程なので、気にしないのが一番一かもしれませんね。

[医療脱毛/部位]髭脱毛はどのくらい痛い?体験談

髭脱毛は、全身の中でも一番痛い部位と体験談でも見受けられます。

中には、激痛と感じて途中で脱毛を諦めてしまう人もいるのは事実です。

痛みの原因は、レーザー脱毛機器の出力の強さが関係しています。

出力が強い機器であればあるほど、高い効果を期待することができます。

しかし、痛みに弱い人は照射力の弱いメディオスターを使えば、痛くない永久脱毛を受けることができます。

ほかにも、クリニックによっては麻酔が用意されていることもあります。

基本的に医療脱毛クリニックで用意されている麻酔は笑気麻酔と麻酔クリーム(塗り薬)の2種類です。

麻酔を使うことで十分に痛みを感じなくなるので、麻酔が用意されているクリニックを選ぶのがおすすめです。

痛みに弱い人は、麻酔が用意されていて、痛みの少ない脱毛機器のメディオスターが使える湘南美容外科クリニックです。

[医療脱毛/部位]髭脱毛の副作用の危険性

医療脱毛の髭脱毛には、いくつかの副作用のリスクが生じます。

一番多い副作用は、レーザー脱毛の出力が合わずに起こってしまう肌トラブルです。

肌が軽い火傷をしてしまい、ニキビのようなブツブツができてしまいます。

このブツブツを毛嚢炎(もうのうえん)といいます。

クリニックでは、毛嚢炎ができたときには、塗り薬が処方されます。

ほかにも、脱毛後に毛が硬くなって濃くなってしまう硬毛化・多毛化になってしまうケースもあります。

硬毛化になると、髭が剃りにくい状態になります。

万が一、硬毛化になってしまった場合には、回数をこなすことで解消することができるようになります。

一方で、医療脱毛の髭脱毛の後遺症としてホルモンバランスが崩れてハゲるとネット上でみかけることもありますが、医療レーザー脱毛が原因でハゲることの因果関係は一切ありません。

ほかにも、癌レーザー脱毛では癌の危険性もないので安心して施術を受けることができます。

髭をツルツルにするなら、肌トラブルがあっても対処してもらえる医療脱毛クリニックがオススメです。

[医療脱毛/部位]髭脱毛を始める年齢は何歳からがベスト

髭脱毛は何歳からできるなどの年齢制限がないので、脱毛したいと感じた時が始めるベストのタイミングです。

中学生、高校生、大学生などの未成年の人でもまばらではなく、髭が生え揃う年齢になっていれば、医療脱毛で髭脱毛を受けることができます。

最近では、20代の男性はもちろん、40代、50代前後のでも、見た目の清潔感をUPするために髭脱毛をする人が増えています。

また、生える老人の方でも、若く見える効果があるという理由で脱毛される人は増えています。

[医療脱毛/部位]髭脱毛で照射できる箇所の範囲

クリニックによって照射できる範囲の箇所は違います。

髭脱毛の一般的な照射範囲は、顎、頬、鼻下、もみあげ、のど(首)の5つに分けられます。

中でも、顎、鼻下、喉(首周り)が男性には人気の部分になります。

医療脱毛クリニックの湘南美容外科なら、3つの範囲がセットで脱毛できるプランが相場よりも安い料金で受けることができます。

[医療脱毛/部位]VIO脱毛の必要な目安の平均回数!何回くらいで抜け始める

医療脱毛のVIO脱毛の全照射で効果が実感できるようになる必要な平均回数は6回です。

3回目あたりからポロポロ抜け始め、少しずつ薄くなっていきます。

つるつるになって綺麗になるまでの目安の回数は10回です。

一方で、脱毛サロンではムダ毛が抜け始めるまでに12回以上の回数がかかってしまいます。

つるつるになって脱毛を完了するまでには3年以上の期間がかかってしまいます。

医療脱毛と脱毛サロンのどっちがいいかは個人差がありますが、最短でVIO脱毛をしたい人は医療脱毛のレーザー脱毛です。

[医療脱毛/部位]VIO脱毛の抜け方の途中経過の写真

医療脱毛のVIO脱毛の抜け方の途中経過を写真で紹介します。

[医療脱毛/部位]VIO脱毛の1回目(初回)の写真 抜けない

[医療脱毛/部位]VIO脱毛の2回目手術後の写真

[医療脱毛/部位]VIO脱毛の3回目の写真 抜けない

3回目の写真はありませんでした。

[医療脱毛/部位]VIO脱毛の4回目の写真 抜けない

[医療脱毛/部位]VIO脱毛の6回目の経過の写真


6回目には全剃りしたような脱毛の効果が写真から向けられます。

引用:https://www.dansei-datsumo.com/parts/vio/morishita/progress-0058/

[医療脱毛/部位]VIO脱毛の効果的な通う間隔は何ヶ月おき

VIO脱毛のベストの照射間隔は2ヶ月おきです。(何ヶ月おきかは個人差があります)

VIOの毛周期の成長期の周期に通うペースを合わせることで、実感する効果の期間を早めることができます。

月1で通って短期間で終わらせたいという人もいますが、成長期に脱毛をしないと効果は期待できません。

逆に、期間を空けすぎてしまうと、逆効果になり、脱毛が完了するまでに時間がかかってしまいます。

正しい自分にあったペースのタイミングをクリニックのスタッフと相談して脱毛に通うことが重要です。

[医療脱毛/部位]VIO脱毛で効果ない原因と対策

医療脱毛のVIO脱毛後に毛が抜けない人の原因はいつくかあります。

まず、効果ないと口コミで評判をしている人の中で見受けられるのが、必要回数を終えていないケースです。

永久脱毛は、数回しただけではムダ毛は減らないことが多いです。

VIOの部位ごとの必要回数をこなしてやっと効果を感じられるようになります。

ほかにも、間違った自己処理をしていることが原因で、効果が実感できない場合もあります。

脱毛前には毛抜きやピンセットを使った毛抜きはNGです。

理由は、毛周期の周期を変えてしまうからです。

一方で、脱毛後にまた毛が生えてきたという口コミも見受けられます。

脱毛後に、毛まだらにが生えてきた場合には、照射漏れの可能性があります。

照射漏れの対策は、クリニックに打つ漏れがあった部位の写真をとって次の施術の時に趣旨を伝えましょう。

照射漏れが認められた場合には、再照射してもらうことができます。

医療脱毛で安心して脱毛の効果を実感するためのコツは、安心保証制度が用意されているクリニックを選ぶことです。

湘南美容外科なら、安心保証制度が用意されているので効果ないと感じた時でも無料で再施術を受けることができます。

[医療脱毛/部位]VIO脱毛の前処理で剃る範囲と長さはどこまで?

VIO脱毛は自己処理が難しい部位なので、どこまで剃るかは自分でていもうできる範囲で問題ありません。

施術前の自己処理の正しいやり方は、電気シェーバーやカミソリを使って全部剃るのがベストです。

この時、ピンセットなどで抜くのはNGです。

剃り残しの長さが長すぎると、照射する時にレーザーがうまく照射されないため、効果が薄れてしまいます。

剃り残しの長さは2mm程度までであれば問題ありません。

自力で剃れる範囲はツルツルになるまで剃毛していくことで、施術当日にシェービング料金を払わずに済みます。

[医療脱毛/部位]メンズVIO脱毛のおすすめの人気の形(デザイン)

アンダーヘアーを全剃りするハイジニーナが一番人気の脱毛方法です。

しかし、メンズの医療脱毛のVIO脱毛では、自分の好きなグラデーションを選ぶことができます。

人気の形は、逆三角形のトライアングルです。

パンツや水着からはみ出さない程度に陰毛を整えるので、全剃りではなく、少し毛を残したい人におすすめのデザインです。

また、人気の長さの目安は2cmほどです。

脱毛後に後悔しないためにも、カウンセリングの時に、自分の好みの形、長さをスタッフ伝えることが重要です。

[医療脱毛/部位]VIO脱毛で薄くする回数の目安は何回?

医療脱毛のVIO脱毛では、全剃りではなく、減毛して薄くしたい人も中にはいます。

毛量を減らす場合でも、1回全剃りをしないといけません。

何回くらいで毛質改善ができるかは、個人の陰毛の毛質や毛量によって違いますが、回数の目安としては3回になります。

濃すぎる陰毛を薄くしたい人は、カウンセリングの時にスタッフに薄くして残したことを伝えましょう。

Vだけ残すのか?どのくらい残すのか?グラデーションはどうするのか?詳しく伝える必要があります。

正しい頼み方で、薄くなりすぎたと後悔がないようしたいですね。

[医療脱毛/部位]VIO脱毛で男性のすそわきがの臭いが改善できる

男性の医療脱毛のVIO脱毛では、すそわきがの臭いを治すことはできません。

しかし、すそがのにおいを軽減して改善する効果は期待できます。

また、すそわきがの臭いが悪化したり、脱毛してからすそがになることはないので安心してください。

最近では、すそわきがの臭い対策としてVIO脱毛を行う男性も多くいます。

すそわきがの臭いは、陰部にある汗腺から出るアポクリン汗腺と皮膚にある常在菌が交わって悪臭を発生させます。

陰毛をレーザー脱毛することで、ムレを改善して、常在菌を減らすことができることができます。

そのため、永久脱毛ですそがの臭いを改善することができます。

すそわきがをスタッフにバレるのが恥ずかしいと思う人もいるかもしれませんが、スタッフは施術時にはマスクをしているので臭いがバレることはありません。

[医療脱毛/部位]VIO脱毛は何歳から始めた?平均年齢を検証

何歳から始めたかは個人差がありますが、医療脱毛のVIO脱毛を始める男性の平均年齢は10代後半からです。

中学生、高校生、大学生の低年齢の未成年でもVIO脱毛を始める人が増えています。

一方で、40代、50代の高齢者のVIO脱毛をする人も増えています。

高齢者になると、陰毛に白髪が混ざるので脱毛できないと思う人もいますが、実際には、白髪であっても永久脱毛することはできます。

[医療脱毛/部位]メンズVIO脱毛ができない人の条件

メンズVIO脱毛は、陰部に黒ずみ(色素沈着)がある場合はできない場合があります。

また、照射部位にタトゥーがある場合も施術できないことが多いです。

ほかにも、いぼ痔、切れ痔、痔ろうがある場合には、Oラインの脱毛はできません。

施術前のカウンセリングで脱毛できる条件を確かめておくことが重要です。

[医療脱毛/部位]メンズVIO脱毛はどんな格好・体勢で施術するの?

男性のVIO脱毛では、各パーツごとに格好(体勢)を変えて施術していきます。

Vラインの場合は、仰向けになってパンツ無しの格好で施術していきます。

Oラインの場合は、うつ伏せになってスタッフが肛門周りを脱毛していきます。

このとき、おならをしたいときは、隠さずスタッフに伝えることで恥ずかしさが減ります。おならの臭いはスタッフはマスクをしているので気付きません。

Iラインの場合は、仰向けになってあぐらをかくような体制でスタッフが脱毛をしていきます。

VIO脱毛のときには、すぐに脱げる服装で行くようにしましょう。

また、施術前にはシャワーを浴びて、汚れを落としてから脱毛することで恥ずかしさを軽減することができます。

VIOは恥ずかしい部位になるので、なるべく恥をかかないように施術を終えたいですね。

[医療脱毛/部位]メンズVIO脱毛のレーザー脱毛はどれくらい痛い?

医療脱毛のメンズVIO脱毛の痛みは、身体の中でも強い痛みが伴います。

どれくらい痛いのかは個人差がりますが、痛すぎて耐えられない人もいます。

1回目は激痛を感じても、1回目以降は痛みが減ることが多いです。

痛みに耐えられない人は、クリニックでは麻酔が用意されているので、痛さを軽減して施術を受けることができます。

逆に、脱毛サロンで使われる出力の弱い脱毛機器のような痛くない脱毛方法では高い効果が期待できません。

[医療脱毛/部位]VIO脱毛の痛みを軽減する麻酔

クリニックのVIO脱毛で痛みが我慢できない人は、麻酔を使って痛みを軽減することができます。

クリニックで使われる麻酔には2種類があります。

中でも、笑気麻酔を使って痛みを軽減してVIO脱毛をするのが一般的です。

ほかにも、塗る麻酔の麻酔クリームがあります。

塗り方は、照射部位に指でクリームを塗るだけです。

ロキソニンを使って脱毛を考える人もいますが、ロキソニンでは痛みを軽減することはできません。

また、麻酔料金を無料のクリニックを選ぶ人もいますが、麻酔が無料のクリニックは、その分施術費用が高い傾向があるので注意が必要です。

湘南美容外科なら麻酔の料金も安く、施術料金も業界1安いクリニックなのでおすすめです。

[医療脱毛/部位]VIO脱毛の副作用と危険性のリスク

医療脱毛のVIO脱毛には、いくつかの副作用のリスクがあります。

永久脱毛で一番多い副作用はレーザーの出力が肌に合わずに起こる火傷(やけど)です。

やけどになると肌がヒリヒリして炎症が起き、肌トラブルになります。

また、汗の量が増えた!という口コミも見かけますが、脱毛をしても汗の量が増えることはありません。

体への影響として癌も心配されますが、VIO脱毛では癌になることはまずありません。

ほかにも梅毒やヘルペスの性病がうつるのではないかと不安になる人もいますが、そもそも医療脱毛クリニックでは性病の疑いがある人は施術を受けることができません。

[医療脱毛/部位]VIO脱毛するときの注意点(前日・当日・脱毛後)

VIO脱毛で失敗しないためには、いくつか気をつけることがあります。

脱毛前には、海に行くのは控えましょう。

日焼けが強くなってしまうと、色素沈着に反応するレーザー脱毛は断られてしまいます。

また、銭湯や岩盤浴、プールにも脱毛前日と脱毛後の1週間は控えるべきです。

銭湯やプールには雑菌が存在しますので、雑菌が毛穴から入り炎症を起こしてしまう可能性があります。

ほかにも脱毛前後は、激しい運動も控える必要があります。

脱毛後は肌が弱っているため、VIO脱毛前後の性行為もNGです。

脱毛するときの注意点を守って、失敗しない事前準備をして脱毛当日を迎えましょう。

[医療脱毛/部位]男性全身脱毛のおすすめの回数は何回くらい

メンズの全身脱毛には、顔、腕、足、背中、お腹、脇、VIOなどの部位が含まれるため、効果を感じるまでの回数は、部位によって変わります。

医療脱毛で、腕、足、脇、VIOなどの毛が濃いが生えている部位はポロポロ抜けるまでの目安は6回になります。

また、顔、背中、お腹などの細い毛(産毛)が生える部位は、抜け始めるまでの目安は8回になります。

脱毛サロンでは、医療脱毛と比較すると変化を実感するまでの回数は、倍以上の回数が必要になってきます。

また、脱毛が終了するまでの平均期間が何年かかるかも部位によって違います。

医療レーザー脱毛で、毛が太い部位のツルツルになるまでの年数は2年になります。

しかし、毛が細い部位の年数は3年になるので、細い毛が生える部位は、太い毛が生える部位よりも日数が増えてしまいます。

脱毛サロンでは、医療脱毛のように早く終わらないので、早く脱毛を終わらせたい人は医療脱毛がおすすめです。

料金や費用が安いというだけで脱毛サロンを選ぶと後悔してしまいます。

[医療脱毛/部位]全身脱毛はどのくらいもつ?目安の持続期間を解説

医療脱毛の全身脱毛の永久脱毛の定義は、一生生えてこないことではありません。

どのくらいもつかの持続期間は個人差があるので一概には言えませんが、医療脱毛で永久脱毛を完了させれば、脱毛前のような太いムダ毛は生えなくなります。

しかし、脱毛が終わった後も細い産毛は生えてくることがあります。

医療脱毛のムダ毛がまた生えてくる期間の目安は2年です。

全脱毛終わったときから2年ほど経つと、細いムダ毛が復活してまた生えてくることがあります。

一方で、脱毛サロンでできる光脱毛は、一定期間の減毛が目的なので、永久脱毛の効果は期待できません。

つまり、脱毛を完了しても、何年かすれば脱毛前と元どおりになってしまうので、脱毛に通い続けなければいけません。

そのため、口コミでも、医療脱毛にしておけばよかったと後悔する人も見受けられます。

医療脱毛なら必要な脱毛回数を完了させれば、何年も持ちのでコスパが良いいのでおすすめです。

[医療脱毛/部位]全身脱毛の通うペースはどれくらい?必要な間隔

医療脱毛の全身脱毛では、それぞれの部位の毛周期に合わせてベストの間隔を空ける必要があります。

どれくらいの通うペースかは部位によって違いますが、基本的に、毛周期は1回の脱毛後から2ヶ月後にくるので、2ヶ月の間隔をあけることがベストと言われています。

短い期間で終わらしたいからといって、1ヶ月に1回の頻度で脱毛に通っても高い効果は期待できません。

逆に、早く脱毛を完了させるつもりが、終わるまでに時間がかかってしまいます。

また、頻度を空けすぎるのも効果を弱めてしまいます。

全身脱毛で早くツルツルになりたいのであれば、毛周期の成長期に合わせた間隔で脱毛に通うことがベストです。

[医療脱毛/部位]全身脱毛後になくならない原因と解決方法

医療脱毛の全身脱毛後にムダ毛がなくならないのはいくつかの原因があります。

中でも、部位別の必要な施術の回数を受けていない人が多いです。

全身脱毛の永久脱毛は1回目の施術後に全てのムダ毛がなくなることはまずありません。

継続して通い続けることで高い効果が期待できます。

脱毛したのに効果ないという人は、全身脱毛に必要回数の施術を完了させることが一番の解決方法です。

脱毛後にまばらに毛が残っている原因は、スタッフの照射漏れの可能性があります。

解決方法としては、残った毛の部分を写真で保存しておき、クリニックに相談しましょう。

打ち漏れと認められれば無料で再照射を行ってくれます。

また、口コミでは産毛なくならない・・・という人もいますが、医療レーザー脱毛では、産毛などの細い毛は太い毛に比べて必要回数が増えます。

産毛を効率良く脱毛するなら、脱毛器械メディオスターnext proを使用することで解決することができます。

[医療脱毛/部位]全身脱毛で使われる最新脱毛機器メディオスターの仕組みと特徴

医療脱毛の全身脱毛で使われるメディオスターは、バルジ領域を破壊して毛の再生を防ぐ仕組みです。

そのため、毛質、肌質関係なく、ほくろや色黒の人でも、永久脱毛が出来ます。

また、他の医療レーザー脱毛機器と比較して、痛くないのがメリットの特徴です。

メディオスターnext proは主に、ヒゲやVIOなどの痛みが伴う場所に使われることが多いです。

デメリットとして、出力が弱いので、ダイオードレーザーに比べると効果が感じられる目安の回数が多くなってしまいます。

つまり、脱毛が完了するまでの回数が多くなります。

なるべく痛みを抑えて脱毛したい人は、メディオスターがおすすめです。

[医療脱毛/部位]全身脱毛の範囲ってどこからどこまで?

全身脱毛の部位の範囲がどこからどこまでかは、クリニックによって違います。

基本的には、VIOと顔脱毛が含まれるか含まれないかがポイントになります。

腕、足、お腹、背中などは全身脱毛には必ずと言っていいほど含まれています。

全身脱毛を始める上で、おすすめの優先順位は、産毛が多い箇所から始めることです。

なぜなら、産毛は脱毛を完了するまでに、時間がかかってしまうからです。

つまり優先順位の最初に脱毛するといい部位はお腹、背中になります。

一方で、ムダ毛が他人に見られるのが恥ずかしいという人は、他人から見える部位を優先順を高くして脱毛することがおすすめです。

[医療脱毛/部位]全身脱毛を始める時期やタイミングはいつがいい

永久脱毛を始める時期のベストタイミングは、秋・冬です。

いつがいいかは個人差もありますが、なぜなら、予約が取りやすく、次の夏までにある程度の脱毛を完了させることができるからです。

全身脱毛は特に部位が多いので、時間がかかります。

また、秋や冬はお店側も夏に比べてお客さんの数が減るので、キャンペーンなどの割引を出すことが多いです。

安い時期に全身脱毛の永久脱毛をするなら、秋か冬中に始めることがおすすめです。

[医療脱毛/部位]全身脱毛を始める年齢は何歳から?

全身脱毛は何歳から始めるのがいいかは、個人のムダ毛が生え揃う時期によって違います。

最近では、医療脱毛でも、年齢制限がないクリニックが増えているので、ムダ毛が生え始めてきたタイミングで脱毛をすることができます。

低年齢の方以外にも、高年齢の人が全身脱毛の永久脱毛を始める人も増えています。

自分が脱毛したい!と思った時がベストの脱毛を始める時期のタイミングです。

[医療脱毛/部位]全身脱毛のムダ毛処理の長さはどこまで剃っていく?

医療脱毛の全身脱毛で前日処理をどこまで剃るかは、部位ごとに違います。

背中、うなじ、襟足などの手が届かない部位は、全部剃るのが難しいのでどうしても剃り残しが出てしまいます。

その場合は、クリニックのシェービングサービスを利用することがおすすめです。

また、VIOのアンダーヘアは剃れる範囲で全剃りしてから当日の施術を迎えると、効果的な施術を受けることができます。

ムダ毛の長さは2mm程度であれば残っていても医療レーザー脱毛なら施術が可能です。

何日前ぐらいから前処理するといいのか?は、脱毛に行く2日前ほどからムダ毛処理をするのがおすすめです。

[医療脱毛/部位]全身脱毛の格好(体勢)は恥ずかしい

医療脱毛の全身脱毛で気になるのでが、施術を受ける時の格好だと思います。

腕や背中などであれば気にすることはありませんが、VIOは恥ずかしい部位になります。

しかし、クリニックのスタッフは、これまでに何人もの脱毛をの施術を行っているので、気にしていません。

実際に医療脱毛を体験した人の体験談や口コミでも、恥ずかしくない!という人が多く見受けられます。

[医療脱毛/部位]全身脱毛の服装と持ち物

医療脱毛の全身脱毛時には、すぐに照射部位を脱ぐことができる服装がベストです。

服はジャージなどの気軽な服装がベストです。

逆に、スーツやベルト付きのジーンズなどは、脱ぐのに面倒なので避けるようにしましょう。

また、特別に必要な持ち物はありません。

[医療脱毛/部位]全身脱毛の施術中は暇つぶしにスマホ携帯を触れる?

医療脱毛の全身脱毛中で暇なときは、携帯(スマホ)を触ることができます。

もちろん、施術中であってもトイレに行くことができます。

眠たい人は寝ることも可能です。

基本的には、施術は、スタッフが会話をしながら照射をしてくれるので時間が過ぎるのが早く感じることが多いです。

万が一、くすぐったい場合には、その都度スタッフに伝えるようにしましょう。

一般的なマナーがあれば、問題なく脱毛を完了させることができます。

[医療脱毛/部位]全身脱毛の痛い部位

医療脱毛の全身脱毛中で痛みが伴う部位は、毛が濃い箇所になります。

つまり、髭、VIOは痛すぎと口コミで見受けられるほど、痛みが伴う部位になります。

脱毛サロンであれば、痛みが少なく脱毛することができますが、逆に高い効果は期待できません。

医療脱毛は痛身が伴う分、高い効果を期待することができます。

医療レーザー脱毛であっても、お腹や太ももの皮膚が厚い部位は無痛に感じる人もいます。

痛みが心配な人は、永久脱毛の初回トライアルキャンペーンを使ってどれくらい痛いのか試してみることをおすすめします。

また、全身脱毛中は、普段しない格好で脱毛をするので、筋肉痛になる人もいます。

[医療脱毛/部位]全身脱毛の体への影響と副作用のリスク

医療脱毛の全身脱毛では、いくつかの副作用が出ることがありますが癌の危険性のリスクはほぼありません。

なぜなら、もともレーザー脱毛に使われるレーザーは医学の手術に使われているレーザーと同じ働きがあるものです。

ネット上では、癌の噂が飛び交っていますが、癌などの体への悪影響はないと言っていいでしょう。

また、内臓らへの悪影響もほぼないに等しいです。

しかし、問題点として、ほくろやシミにレーザーで長時間照射しすぎると癌の恐れがあるので注意が必要です。

そのため、クリニックでは、ほくろやシミがある部分は照射ができないようになっています。

[医療脱毛/部位]全身脱毛後に起こりうる後遺症のリスク

医療脱毛で全身脱毛後には、いくつかの後遺症がでるリスクがあると噂があります。

なかでも、全身脱毛後にワキガになって、脇が臭くなるという情報も見受けられますが、この情報に因果関係は一切ありません。

また、髪の毛が抜けてハゲるという情報もありますが、医療脱毛でそのようなことがあることはありません。

ほかにも、ホルモンバランスの崩れも噂されていますが、脱毛が原因でホルモンバランスが崩れることはありません。

逆に、脱毛後に出る後遺症は、体のだるみや頭痛です。

しかし、ダルみや頭痛があるからといって決して医療脱毛が体に悪いということではありません。

[医療脱毛/部位]脇脱毛の効果を実感できるまでの目安の回数は何回

医療脱毛の脇脱毛で抜け始めて効果を実感するまでの必要な目安の回数は3回になります。

脇脱毛の永久脱毛が綺麗になって完了するまでにかかる平均回数は6回になります。

一方で、脱毛サロンで脱毛が完了するまでにかかる回数のトータルは12回になります。

医療脱毛なら脱毛サロンよりも早く効果を実感することができます。

そのぶん、値段が高くなってしまいますが、ミュゼのような脱毛サロンは永久脱毛の効果ないので、早いスピードでツルツルになりたい人は医療脱毛の脇脱毛です。

自宅で脇脱毛できる方法もありますが、最短で脱毛できるのでは医療脱毛です。

[医療脱毛/部位]脇脱毛で剛毛な人ほど効果を実感できるまでの回数が少ない

医療脱毛の脇脱毛は、毛が濃い人ほど効果が現れやすい傾向があります。

そのため、薄毛の人よりも毛深い剛毛の人の方が効果が実感出来る期間が短くなるので、完了するまでの回数も少なくて済みます。

なぜなら、脱毛で使われるレーザーは、黒いメラニンに反応して毛穴を破壊してムダ毛の再生の働きを抑えるので、毛が濃いほど、レーザーが反応しやすいからです。

逆に、レーザーは産毛には反応しにくいので、毛が薄い人は脇脱毛が完了するまでに時間がかかってしまいます。

[医療脱毛/部位]脇脱毛のベストの頻度はどれくらい

医療脱毛の脇脱毛のベストの間隔は2ヶ月です。

脇の毛周期である2ヶ月にペースの間隔を合わせることで早い効果を期待できます。

早く脱毛を完了させたいからといって、短い期間で脇脱毛をしても効果ないので成長期に合わせた周期で脱毛することがとても重要です。

逆に、期間をあけすぎても効果ないので注意が必要です。

脇脱毛で高い効果を期待するには、自分の毛の毛周期の成長期に合わせた頻度、スパンで脱毛に通うことを心がけましょう。

何ヶ月で成長期の周期が来るかは、クリニックのカウンセリングでスタッフが教えてくれます。

[医療脱毛/部位]脇脱毛で効果なしの原因と対策

医療脱毛の脇脱毛後でもムダ毛が減らないのは回数が原因です。

脱毛後にムダ毛がなくならないという口コミには特徴があり、必要回数の施術を受けていないことが多いです。

必要回数の施術を受けることで効果を上げることができるようになります。

また、効果を上げるためには、毛周期に合わせたタイミングで脱毛に通う必要があります。

必要回数の脱毛を受けているのに、脱毛が終わらない場合は、使っているレーザーの出力のパワーが弱い可能性が有ります。

高出力のレーザーを使うことで対策することができます。

脱毛後に、ムダ毛の残りが左右差がある場合は、スタッフの照射漏れの可能性が有ります。

照射漏れの場合は、再照射してもらえるのでクリニックに相談しましょう。

湘南美容外科なら脇脱毛が最安値の料金で施術を受けることができます。

[医療脱毛/部位]脇脱毛の事前準備で毛抜きで抜くのはNG

脇脱毛に行く前の毛の処理は電気シェーバーで剃っていくのがベストです。

事前準備の注意点は、ピンセットや毛抜きで抜くのはNGです。

なぜなら、毛抜きで毛を毛根から抜くことによって毛周期の周期がズレてしまうからです。

そのせいで高い効果ができなくなってしまいます。

また、剃り残しの毛の長さは、2mm程度であれば問題なく脱毛してくれます。

「何日前から処理すればいいの?」という方は、施術を受ける2日前ぐらいからそっていくのがいいです。

施術に行く前に自己処理して、剃り残しをなくしてクリニックで施術を受けるのがベストですが、脇の毛の処理が難しい人は、クリニックのシェービングサービスを利用することをおすすめします。

間違った自己処理をしてしまうと、効果が出ずらくなってしまいます。

[医療脱毛/部位]脇脱毛後のアフターケアで効果を高める方法

医療脱毛の脇脱毛直後にはアフターケアとして保湿をすることで、高い効果を期待できるようになります。

市販で売られている、保湿クリームや化粧品を使うことによって肌に潤いを与えることができます。

逆に、乾燥した状態が続くと毛穴が開いてしまい、毛穴が目立つようになってしまいます。

脱毛後のぶつぶつは、乾燥した肌が原因です。

また、脱毛後の次の日ムダ毛が生えてきたとしても毛抜きで毛を抜くのはNGです。

正しいセルフケア方法で、高い効果を感じられるようにしたいですね。

[医療脱毛/部位]脇脱毛でわきが治る?悪化する?

医療脱毛の脇脱毛でワキガが治ることはありません。

しかし、脇の臭いの原因を解消して、臭いを軽減して改善することはできます。

わきがの臭いの原因は、アポクリン汗腺から出る汗と皮膚にいる常在菌が交わって臭いが発生します。

脇をレーザー脱毛することで、蒸れが無くなり常在菌を増やす働きを抑制することができます。

結果、脇の体臭を減らすことができるようになります。

また、ネット上の口コミでは、脇脱毛後にわきが臭くなったという人もいますが、脱毛の影響でわきがになることはありえません。

わきがは体質であって、他人にうつることはありません。

あなたが元々わきが体質であってもわきがが悪化することはないので安心してください。

わきがを改善するならわき脱毛を恥ずかしいがらずにすることがおすすめです。

[医療脱毛/部位]脇脱毛で脇汗の量が増えた原因

医療脱毛の脇脱毛をしても脇汗の量が増えることはありません。

ネット上の口コミには、「脱毛したら脇汗の量が増えた!」、「脇汗止まらない!」、「多汗症になった」という人も見かけます。

しかし、脇毛がなくなってワキ汗が増えたと感じてしまうのが原因です。

よって、脇を無駄に意識するようになってしまい、緊張やストレスで汗が増えてしまうことがあります。

また運動ではなく、緊張やストレスで出るワキ汗は通常の汗よりも臭いが臭くなってしまいます。

脱毛後であっても、変に意識せずに通常通り生活することが一番の対策です。

また、どうしても増えた脇汗を止めたいのであれば、多汗症手術ができるクリニックもあります。

多汗症手術なら汗を汗かきの人でも汗を止める効果が期待できます。

[医療脱毛/部位]脇脱毛で毛穴が開いて黒いブツブツ(鳥肌)が目立つ原因と対処法

医療脱毛の脇脱毛で黒い毛穴が開いて目立つ原因は、いくつかあります。

まず、脇に黒いブツブツが目立つ原因は、レーザー脱毛後に、脇毛の毛根が毛穴に残っているからです。

この黒いブツブツの対処法は、肌を保湿して肌のターンオーバーを促すことで早く解消することができるようになります。

また、赤いブツブツが目立つ原因は、毛穴まわりの肌が炎症や火傷を起こしている可能性があります。

レーザーの出力が自分の肌質に合っていなかった場合に起こります。

そのほかにも、傷付いた毛穴からバイ菌が入ってしまい毛嚢炎を起こすことが原因のときもあります。

赤いブツブツの対処法は、市販されている保湿クリームを肌に塗ることが対処できます。

万が一、毛穴のブツブツが目立つようになってしまった場合には、悪化させないために間違った自己処理はしないようにしましょう。

セルフケアを続けることで鳥肌のようなブツブツやシコリが消えるようになることが多いです。

[医療脱毛/部位]メンズの脇脱毛は何歳から始めるのがベスト

「医療レーザー脱毛何歳から?」と疑問に思う人も多いですが、わき脱毛は、年齢制限がないので何歳からでも出来るクリニックが多いです。

早い人では、小学生で脇毛が生え始めます。

小学生、中学生、高校生、大学生などの低年齢の未成年者でも永久脱毛ができるようにキッズ脱毛が用意されているクリニックもあります。

また、脇脱毛はキャンペーンををこなっていることが多いので、安い値段で脇の脱毛を受けることができます。

湘南美容外科なら、最安値で両脇の脱毛をすることができます。

[医療脱毛/部位]脇脱毛を始めるおすすめの季節はいつから

わき脱毛を始める時期は、夏が終わった秋がベストの季節です。

知恵袋では「脇脱毛はいつから始める?、「いつがいい?」という質問をよく見かけます。

脇脱毛を始める時期のベストなタイミングは秋、遅くても冬です。

なぜなら、夏が一番予約が多くなる季節なので、予約が取りずらくなってしまいます。

逆に、秋は脱毛をする人が減るので、予約も取りやすくなります。

また、クリニックも人を集めるためにキャンペーンを出すこともあるので、秋は脇脱毛を受けるには安い時期とも言えます。

秋から脱毛を始めて、翌年の夏にはツルツルの脇で海に行っても恥ずかしくないようにしたいですね。

[医療脱毛/部位]脇脱毛はどんな体制でやるのか?やり方解説

わき脱毛は仰向けになって、わきをあげた体勢・姿勢で脱毛します。

脇の医療脱毛を受けた経験者の意見では、ノースリーブがベストの服装と言われています。

スタッフが施術を始めるときに、すぐに用意できる格好で通うことでスムーズに脱毛を終えることができます。

[医療脱毛/部位]脇脱毛はどのくらい痛い

医療脱毛の脇脱毛は他の部位と比較しても痛みが多い部位です。

「どのくらい痛い?」かは、輪ゴムでパチッとされたような痛みという表現が口コミでは見受けられます。

人によっては激痛と感じて、痛すぎて脱毛を継続できないと感じてしまう人見ます。

しかし、痛みを我慢せずにスタッフに痛いことを伝えることで、麻酔を使って痛み緩和させてくれます。

また、照射の出力を弱めてくれるのも一つの痛みが和らぐ方法です。

脇のレーザー脱毛で激痛と感じた場合には、すぐにスタッフに相談しましょう。

湘南美容外科なら、脇の脱毛でも痛みが少ないレーザー機器が用意されているので、痛みを緩和して脱毛を完了させれことができます。

[医療脱毛/部位]脇脱毛の副作用と癌のリスク

医療脱毛の脇脱毛には体に影響を与える病気や癌の危険性はほぼありません。

皮膚癌の原因となる光の波長は紫外線ですが医療用レーザー脱毛の波長は赤外線で、これらはまったく性質の異なる波長ですからレーザー脱毛を行って皮膚癌になるという心配は無用です。ただ、レーザーにしても針脱毛にしても熱を加える処理ですので火傷の可能性はゼロではありません。また、まれにですがレーザーアレルギーの方もおられるので脱毛を受けるには十分信頼のおけるクリニックをお勧めします。

引用:http://www.epi.gr.jp/qa/qa_ind.html

脇脱毛で使われるレーザーは赤外線レーザーになります。

癌の危険性があるのは赤外線ではなく、紫外線になります。

「がんの危険性があるから脱毛しないほうがいい」という口コミもネット上では見かけますが、ほぼガンの危険性はないと言っていいでしょう。

また、脇にはリンパが通っているので、乳がんを引き起こすという口コミもありますが、脇のレーザー脱毛の波長ではリンパがある部分まで届くことはありません。

絶対に医療レーザーは癌にならないということではないので、安全に永久脱毛をするなら実績のある信用できるクリニックを探すことがとても重要です。

[医療脱毛/部位]脇脱毛で青い脇を改善

青い脇になってしまう原因はいくつかあります。

まず、カミソリを使った自己処理が原因で脇の毛穴が傷き剃り跡として残ってしまいます。

また、間違った自己処理によって、脇の毛穴に毛が残り埋もれ毛(埋没毛)になってしまうことも原因の一つです。

ほかにも、血管が浮き出て青くなる人もいます。

脇の下の青みを綺麗にする方法としては、自己処理方法を気をつけることで改善することができます。

カミソリを使った脇の処理をやめて、保湿クリームで肌を保湿することで改善することができます。

また、医療脱毛で脇の毛穴に残った毛を取り除くことで青い脇をおさらばすることができます。

「脱毛したのに青い!」、「脱毛しても青い!」という人は、保湿クリームで肌のターンオーバーを促すことで改善できることが多いです。

[医療脱毛/部位]脇脱毛するときの注意点と禁止事項

医療脱毛の脇脱毛するときの注意点と禁止事項はいくつかあります。

まず、脱毛前、脱毛後には激しい運動を控えることが重要です。

激しい運動をすることによって、脇に汗をかきやすくなってしまいます。

脱毛後には、軽いやけどを負った状態になるので、運動で汗をかいてしまうと雑菌が毛穴に入りやすくなってしまい、炎症を起こしやすくなってしまいます。

結果、脱毛の効果が出ずらくなってしまい失敗してしまいます。

また、脱毛前や翌日には制汗剤や脇汗シートを使用するのも禁止です。

脱毛することによって、脇の肌が弱った状態になるからです。

そのため、制汗剤の成分が肌を刺激してしまい、炎症を起こす原因となってしまいます。

ほかにも、脇にシミができ黒ずみの原因にもなります。

脇脱毛どきには薬服用も禁止されています。

薬によってはレーザーが反応する成分が含まれているものもあるため、薬を服用している場合にはクリニックに相談が必要です。

[医療脱毛/部位]脇脱毛できない人の条件

クリニックによっては脇脱毛が断られるいくつかの条件があります。

脇に色素沈着ができて黒ずみができている人は脱毛できないケースがあります。

レーザー脱毛は黒い色素に反応してしまうため、ひどい火傷を起こしてしまう可能性があるからです。

ほかにも、ほくろがある場合にも、同じく断られることがあります。

脇脱毛とボトックス注射を併用することもできません。

多汗症予防で使われるボトックス注射は脱毛と同じく、皮膚に大きな負担をかけてしまいます。

そのため、肌に炎症ややけどを起こりやすい状態を作ってしまう影響があります。

どうしてもボトックス注射と併用して脱毛したい場合には、期間を空けることでリスクを避けることができます。

[医療脱毛/部位] 顔脱毛はどのくらいで効果でる

医療脱毛の顔脱毛で効果を実感できるまでの目安の回数は3回です。

顔の脱毛が終わるるまでにかかるまでに必要な回数は6回になります。

脱毛サロンでは、脱毛が終わるまでに12回以上の回数がかかってしまいます。

脱毛サロンで使われる光脱毛では照射力が弱いので、産毛が多い顔の脱毛は効果が感じにくいことがおおいです。

最速で顔の脱毛をツルツルにして完了させるには、医療レーザー脱毛の永久脱毛がおすすめです。

脱毛後に効果ない!と後悔しないためにも、クリニック選びはとても重要です。

湘南美容外科クリニックなら顔の脱毛を最速で完了させることができるレーザー機器が使えるのでオススメです。

また、湘南美容外科クリニックは体験談の口コミでも評判がいいクリニックです。

[医療脱毛/部位]顔脱毛はどれくらい間隔を空けると効果的なのか解説

医療脱毛の顔脱毛でベストの間隔は1ヶ月になります。

身体の部位によってどれくらいの期間で脱毛に通うのがベストは違いますが、顔の毛周期は、身体の中でも一番毛周期のペースが早くなります。

だからといって、2週間など短期間の頻度で脱毛に通うのは効果的ではありません。

また、期間を空けすぎても逆効果となってしまうので、顔の毛周期の1ヶ月に合わせて医療レーザー脱毛を受けることが一番効果的です。

[医療脱毛/部位]顔脱毛はどこまで照射できる?範囲を解説

医療脱毛の顔脱毛でどこから照射範囲に含まれるのかはクリニックによって違います。

顔の脱毛で照射できる範囲は、眉間、眉毛の眉上、うなじになります。

逆に顔の脱毛で照射できない部位の範囲は、眉下と小鼻になります。

眉下は眼球をレーザーで傷つける危険性があるのでほとんどのクリニックで脱毛をすることができません。

クリニックによってプランも違うので、契約前にどこまでの部位が照射範囲と確かめることで失敗を防ぐことができます。

料金が安いという理由だけで契約すると希望の部位が照射範囲内ではなかった・・・ということになるで注意しましょう。

湘南美容クリニックなら、広い範囲で顔の脱毛ができます。

[医療脱毛/部位]顔脱毛でニキビがあっても可能?

ニキビやにきび跡があっても医療脱毛の顔脱毛は可能です。

顔脱毛の時には、ニキビの悪化を防ぐために、他の部位よりも弱い照射パワーで脱毛を行います。

そのため、ニキビ肌であっても脱毛することができます。

ただし、膿が出ているニキビや、炎症を起こしているニキビの場合は避けて照射が行われます。

当日に、ニキビができてしまった場合には、ニキビの箇所だけ避けてレーザー脱毛をしてもらうことで悪化を防ぐことができます。

また、医療脱毛の永久脱毛では、毛穴を引き締める効果が期待できるのでニキビの予防をすることもできます。

人によっては「ニキビできた」という口コミも見受けられますが、レーザー脱毛が原因ではない場合が多いです。

医療レーザーは肌の新陳代謝を上げることができるのでニキビ治る効果も期待することができます。

[医療脱毛/部位]顔脱毛でほくろが薄くなる

医療脱毛の顔脱毛でほくろが薄くなる効果を期待することができます。

でも、「どんな大きさのホクロなら大丈夫?」、「どんな形なら大丈夫?」と疑問に思う方も多いかと思います。

実際には、形は関係なく小さいホクロの場合なら脱毛を受けることができますが、ホクロが大きい場合には照射後の火傷のリスクを減らすために施術が断られる可能性があります。

顔にニキビがある場合には、アレキサンドライトレーザーを選ぶことがおすすめです。

アレキサンドライトレーザーは、美肌効果が期待できるレーザーなのでホクロにも照射することができます。

シミである肝斑(かんぱん)がある場合には、シミが濃くなるリスクがあるので脱毛できません。

ニキビがあっても脱毛できるクリニックは湘南美容外科クリニックのみになります。

[医療脱毛/部位]顔脱毛はそばかすがあるとできない

医療脱毛の顔脱毛ではそばかすがある部分は脱毛できません。

「なぜ?ソバカスがあると脱毛できないの?」ソバカスがあるところを照射すると火傷のリスクがあります。

肌が火傷することによって肌が弱くなり、シミが濃くなることがあります。

そのため、顔脱毛ではソバカスがある部分は基本的には施術ができばいようになっています。

では、「ソバカスの対処法はどうすればいいのでしょうか?」

クリニックによってはソバカスがあっても脱毛が出来るところもあります。

湘南美容外科クリニックのアレキサンドライトレーザーなら、美肌効果が期待できるので多少のシミであれば施術を行ってくれます。

また、レーザー脱毛を受けたからといって、シミ濃くなることはありません。

逆に、アレキサンドライトレーザーで肌の新陳代謝をがることによって、肌のターンオーバーが進みそばかすが消えることを促すことを期待できます。

[医療脱毛/部位]顔脱毛の鼻下はどれくらい痛いのか感想

医療脱毛の顔脱毛の中で一番痛みが伴う部位は鼻下になります。

実際に顔の脱毛を体験した人のブログの感想やレポートでも、顔の範囲の中で一番痛いと言われています。

鼻下の脱毛が痛い理由は、皮膚の厚みが関係しています。

鼻下には皮膚が薄いので強い痛みが伴います。

しかし、回数を重ねるごとに痛みも減っていくので、まずは麻酔を使って痛みを軽減しながら脱毛していくのがおすすめです。

[医療脱毛/部位]顔脱毛で失敗すると副作用のリスク

顔脱毛ではいくつかの副作用のリスクがあります。

まず失敗例としては、顔の脱毛で多い副作用は硬毛化が挙げられます。

硬毛化は顔脱毛を受けた人は約10%の確率でなると言われています。

硬毛化になってしまったら、照射力の強いレーザー機器に変えて脱毛を続けることで解消することができます。

また、多毛化と言われる毛が増えてします現象も口コミでは多く見受けられますが、実際には脱毛では毛穴の数が増えることはないので、毛が増えることはありません。

多毛化の現象が解明されれば、薄毛に悩む人がもっと簡単に対策できるようになっているはずです。

次に、多いのは火傷によるシミです。

クリニックでは高出力のレーザー脱毛機器が使われますが、顔の脱毛の場合には照射力を下げて脱毛をが行われます。

そのため、火傷のリスクは減りますが、脱毛前に激しい運動をして肌に熱がこもっている状態で照射してしまうと火傷のリスクが高ります。

そのため、肌荒れを起こし、肌に赤みが出てシミになってしまいます。

脱毛後には、感想を避けるために保湿クリームを使って潤いを保つことが重要です

[医療脱毛/部位]顔脱毛で癌の危険性がある

医療脱毛の顔脱毛では、癌の危険性はほぼないに等しいと言えます。

癌の原因となる光は、紫外線ですが、医療レーザーで使われるレーザーは赤外線のレーザーです。

赤外線のレーザーは手術などの医学でも使われているレーザーなので危険性は極めて低いといえるでしょう。

[医療脱毛/部位]顔脱毛の口コミで評判がいいクリニック

顔脱毛の選び方のコツは、実績のあるクリニックを選ぶことです。

顔は身体に比べて皮膚が薄く、デリケートな部位になるので経験の高いスタッフに脱毛をしてもらうことで失敗のリスクを極限に減らすことができます。

口コミの評判がいい医療脱毛クリニックは湘南美容外科クリニックになります。

[医療脱毛/部位]背中脱毛の抜けるまでの回数はどのくらい?

医療脱毛の背中脱毛で効果が実感できるまでの必要な目安の回数は3回です。

医療脱毛が完了するまでの回数は6回になります。

また、剛毛の人であればあるほど、効果を実感できる期間が早くなります。

一方で、背中は産毛が多い箇所になり、範囲が広い箇所になるので効果を回数が他の身体よりも増えてしまいます。

「脱毛サロンでは何回くらいの回数が必要?」、脱毛サロンでは、抜けるまでに12回以上の回数が必要です。

脱毛サロンは料金は安くなりますが、短期間で脱毛が終わらないので、脱毛が完了するまでに止めてしまい後悔する人がいます。

脱毛とサロンと医療脱毛の効果を比較しても、短期間でツルツルにするなら医療脱毛がおすすめです。

[医療脱毛/部位]背中脱毛の必要な間隔はどれくらい

医療脱毛の背中脱毛でより早く効果を実感するためには、毛周期に合わせた周期に合わせて病院に通う必要があります。

背中の部位の毛周期の成長期の間隔は2ヶ月なので、2ヶ月に1回施術を受けることで効果的な脱毛をすることができます。

人によってどれくらいの頻度で成長期が来るかは、多少の個人差がります。

一方で、期間をあけすぎても、高い効果を得ることはできないので、脱毛後に思うように抜けずに後悔してしまうことがあります。

より効果的な脱毛をするには、毛周期の成長期に合わせたペースで通うことを意識することがとても重要です。

[医療脱毛/部位]背中脱毛で効果ない原因

医療脱毛で背中脱毛を受けたのにもかかわらず、ムダ毛が「毛が抜けない」「減らない」「なくならい」場合には、いくつかの原因が考えられます。

もともと背中は太い毛よりも産毛が多苦生える箇所になるので、効果が出にく部位になります。

そのため、脱毛の必要回数が他の箇所よりも多くなってしまいます。

完全に脱毛を完了するためにも、背中脱毛の必要回数である6回は最低でも受けるようにしましょう。

また、使用したレーザー脱毛機器が自分の毛質に合っていない場合があります。

レーザーの種類によっては、うぶ毛には対応していない機種もあるので、背中脱毛をするなら「ダイオードレーザー」を使用するようにしましょう。

ほかにも、まばらにムダ毛が残っている場合には、スタッフの「照射漏れ」の可能性があります。

背中は身体の中で一番範囲が広い箇所になるので、打ち漏れが出てしまうことがあります。

脱毛後にまばらにムダ毛が生えてくる場合には、その部位の写真を撮ってもらいクリニックに相談しましょう。

クリニックによっては契約料金は安いけど、再照射の保証がないクリニックがあるので失敗し那智雨にもクリニックの選び方はとても重要です。

湘南美容外科クリニックは「安全保証制度」が用意されているので、万が一、効果を実感できない場合には「再照射」してもらうことができるので口コミでも評判が高いクリニックです。

[医療脱毛/部位]背中脱毛でかかる施術時間はどのくらい

医療脱毛の背中脱毛の範囲は「背中上」と「背中下」に分けられることが多いです。

背中の脱毛の施術は1回あたり「どのくらいの施術時間」がかかるのでしょうか?

背中脱毛にかかる1回あたりの施術時間は、一部位あたり「20分」で脱毛が完了するので、合計で「40分」になります。

施術の流れとしては、背中上から照射を始め背中下に移行していくことが一般的です。

また、背中はセルフでシェービングをすることが難しい部位にあるので、シェービング時間を含めると「50分」程度で施術が終わることが多いです。

[医療脱毛/部位]背中脱毛の範囲はどこまでできる

医療脱毛の背中脱毛の照射範囲で、「どこまでが照射範囲?」なのかは、上下で2つの部位に分けられることが一般的です。

部位でいうと「肩」の部分と、「腰」の境目で分けられます。

1回の照射で背中全体が照射範囲に設定されているクリニックもありますが、背中の範囲は広いので一回で全体を照射するのは、打ち漏れのリスクも出てくるので中が必要です。

確実な効果を期待するなら、上下分けて時間をかけて施術を行うことが重要です。

また、腰の部分はムダ毛は少ない部位になるので、人によっては脱毛が必要がない場合が多いです。

背中全体が照射範囲となっている分、料金設定の値段が高くなるクリニックがあるので後で後悔しないように注意しましょう。

一般的には、上だけの脱毛で十分な場合が多いです。

背中の照射範囲にうなじが含まれることはないので、うなじは追加で契約する必要があります。

湘南美容外科なら、背中の範囲が上下に分かれているので、安い値段で背中脱毛が出来るのでおすすめです。

[医療脱毛/部位]背中脱毛ならダイオードレーザーのメディオスターnext pro

背中脱毛は範囲が広く、細い産毛が多く生えている部位になります。

そのため、細い毛にも対応できるレーザー脱毛機器を使って脱毛することが需要です。

蓄熱式メディオスターnext proなら、毛質を問わずに高い効果を期待できるので、背中脱毛にはメディオスターがおすすめです。

また、あらゆる肌質にも対応しているので、背中にニキビ跡がある場合でもメディオスターは対応することができます。

ほかにも、メディオスターは従来の脱毛機器よりも照射口が広いので早いスピードで脱毛を完了することができるのが特徴です。

ダイオードレーザーとは違い、少ない回数ですぐに抜け始めることはありません。

実際には、脱毛後すぐにムダ毛が抜けることが重要に感じる人もいますが、大事なのは脱毛が完了したあとに、ムダ毛が生えてこなくなることです。

メディスターは必要回数を続けていることで高い永久脱毛の効果を期待することができます。

また、メディオスターは痛みを軽減して脱毛できるような仕組みで照射していくので、痛い脱毛が苦手な人はメディオスターです。

実際にメディオスターを使って背中の脱毛した人の体験談でも、「無痛ではないけど他のレーザー機器と比較して痛みは少ない」という口コミがあります。

背中脱毛をするなら「メディオスターnext pro」が使えるクリニックを選ぶことが需要です。

[医療脱毛/部位]にきび跡があっても背中脱毛はできるの?

医療脱毛の背中脱毛は背中ニキビや吹き出物あっても施術できるケースがほとんどです。

にきび跡が「炎症」「赤み」「膿」「色素沈着」している場合には、その部分を避けて照射していくことで、ニキビの悪化を防ぎます。

医療レーザー脱毛は、背中ニキビを「予防」、「改善」する効果が期待できます。

ほかにも、「毛穴が目立たなくなる」効果も期待できます。

なぜなら、レーザー脱毛によって、開いた毛穴を締めることができるからです。

毛穴が引き締まることによって、背中ニキビの原因となる角質が毛穴に詰まることを防ぐことができるからです。

また、毛穴が目立つ原因は、「毛穴の開き」なので、同時に毛穴の目立ちもなくすことが期待できます。

背中脱毛すると「ニキビ増える!」「背中ニキビが増えた!」「ぶつぶつできた」という口コミも見受けられますが、実際にはレーザー脱毛が関係していることはほぼないと言っていいでしょう。

そういった口コミがある理由は、レーザー脱毛をすることによって肌のターンオーバーが促され脱毛後のタイミングでニキビがでくてしまったことが原因と考えれられます。

また、実はニキビではなく「毛嚢炎(もうのうえん)」だったというケースもあります。

毛嚢炎はニキビの症状に似ていますが、ニキビと違い3日前後で綺麗に治ります。

[医療脱毛/部位]背中脱毛で汗増える

医療脱毛の背中脱毛後に汗がひどくなることはありません。

ネット上では「汗が増える」「汗増えた」「汗臭い」という口コミが見受けられますが、実際にはレーザー脱毛と汗は関係していません。

汗が増えたと感じる原因の一つは、背中のムダ毛がなくなったことによって汗が感じやすくなったことが挙げられます。

また、背中を脱毛するあまり、背中を過剰に意識するようになってしまい汗がかきやすくなるというケースはあるようです。

このストレスや緊張から出る汗は、運動後に出る汗とは違う汗腺から出ます。

通常の汗とは違い臭いが臭いので脱毛後ににおいが出てしまうんですね。

背中脱毛の注意点として、意識しすぎない異が需要です。

[医療脱毛/部位]背中脱毛は敏感肌やアトピーでも脱毛できるのか

医療脱毛の背中脱毛は、アトピーや敏感肌の肌が弱い人でも施術をうけることができます。

逆に、肌が弱い人が自宅で簡単にできる、脱毛クリームやカミソリなどで自己処理をしてしまうと、肌状態が悪くなってしまいアトピーが悪化してしまいます。

医療レーザー脱毛を使って背中の永久脱毛することで、無駄な自己処理をする必要がなくなりアトピーの悪化を防ぐことができるようにになります。

医療レーザー脱毛なら、ムダ毛が減るだけではなく、肌質を守ることができるのでおすすめです。

[医療脱毛/部位]背中脱毛の自己処理はどこまで?やり方を解説

背中の毛は自力では剃れない部位なので、シェービングサービスを利用するのがオススメです。

医療脱毛では、脱毛前に事前処理が必要という場が見受けられますが、自力では届かない部位を無理やり「カミソリ」「脱毛クリーム」「脱毛タオル」「毛抜き」を使って前処理してしまうと肌が荒れてしまう可能性があります。

結果、照射の効果が薄れてしまい、高い効果が期待できなくなってしまいます。

剃り方が難しい背中の脱毛はクリニックのシェービングサービスを使って剃り残しを剃ってもらうのがおすすめです。

そのときシェービング代が無料のクリニックを選ぶ人もいますが、シェービング代が無料でも施術の料金が高くなることが多いのでシェービング代だけでクリニックを選ぶのは注意が必要です。

[医療脱毛/部位]背中脱毛はどのくらい痛いの口コミを元に解説

医療脱毛の背中脱毛の痛みは、他の部位に比べて痛みが少ない箇所になります。

体験談のブログや口コミを見ても「背中脱毛は大丈夫だった!」「背中は痛くない!」という声が見受けられます。

背中脱毛の痛みが少ない理由は、太い毛が生えていない部位になるからです。

永久脱毛のレーザー脱毛は太くて濃い毛が生えている部位ほど痛みが伴います。

しかし、背中脱毛は痛みが少ないと言っても、人によっては痛みを感じる人もいるので麻酔が用意されているクリニックを選ぶことで後悔せずに済むのでおすすめです。

[医療脱毛/部位] メンズの足脱毛は何回で効果が実感できるのか解説

医療脱毛の男性の足脱毛ですね毛の脱毛効果が実感できるまでの平均回数は3回です。

何回くらいで生えてこなくなるかは個人差がありますが、ツルツルになるまでには6回の回数が必要です。

期間にすると1年半前後で終わります。

一方で、脱毛サロンでは脱毛を完了するまでの目安は12回になるので、年数にすると2年は期間がかかることになります。

足脱毛は、薄い毛の一人よも剛毛の人の方が早く脱毛が終わることが多いです。

なぜならレーザー脱毛は、黒い沈着色素に反応するので、毛が濃ければ濃いほど高い効果が期待できます。

湘南美容外科クリニックなら、脚の脱毛がキャンペーン料金ではなくても相場よりも安いのでおすすめです。

[医療脱毛/部位]足脱毛の途中経過の体験談と写真

[医療脱毛/部位]足脱毛の途中経過 1回目

[医療脱毛/部位]足脱毛の途中経過 2回目

[医療脱毛/部位]足脱毛の途中経過 3回目

[医療脱毛/部位]足脱毛の途中経過 4回目

[医療脱毛/部位]足脱毛の途中経過 6回目

引用:https://www.dansei-datsumo.com

[医療脱毛/部位]足脱毛の通う目安の期間はどれくらいのペースがベスト?

足脱毛のベストの間隔は毛周期に合わせた2ヶ月です。

通う間隔は毛周期の成長期のサイクルに合わせて通うことでより効果的な脱毛をすることができます。

毛周期には個人差があるのでどれくらいの期間を空けるかはカウンセリングときにスタッフと話し合うことが重要です。

早く脱毛を終わらせたいからといって、1ヶ月などの短い頻度で脱毛を受けても高い効果を期待することはできません。

足の脱毛で高い効果を出すためにも、通院するペースはとても重要です。

[医療脱毛/部位]足脱毛後に一部抜けない原因を解説

医療レーザーで足脱毛後にまばらにムダ毛が残ったり、一部抜けない箇所がある原因は、照射漏れの可能性が高いです。

医療脱毛が効果ないというわけではないので安心してください。

照射漏れの場合は、クリニック側に連絡して、打ち漏れと認められると再照射してくれます。

まばらに残ったムダ毛は、脱毛を継続することによっていつの間にかスルッと抜けるようになります。

抜けていないからといって、間違った自己処理方法でムダ毛を処理するのはNGなので注意しましょう。

いくら永久脱毛とはいえ、1回目の施術からは効果ないので、回数制のプランを契約することがオススメです。

[医療脱毛/部位]足脱毛前の正しい自己処理の方法

足脱毛前のムダ毛の正しい自己処理の方法は、電気シェーバーを使った自己処理です。

逆に、ムダ毛を毛抜きやピンセットで抜くのはNGです。

毛抜きをしてしまうと毛周期のサイクルが変わってしまうため、脱毛の効果が出づらくなってしまいます。

特に、足の甲は毛抜きしやすい部分ですが、ムダ毛の処理はシェービングやカミソリを使って行いましょう。

自分で脱毛前に自己処理するのが面倒な人は、クリニックでもシェービングサービスが用意されているのでおすすめです。

[医療脱毛/部位]足脱毛は手術の傷跡があっても脱毛できる

足の脱毛は手術痕があっても脱毛することができます。

しかし、手術の傷跡がある部分は避けて脱毛が行われます。

つまり、手術痕がある箇所は脱毛が出来ないということです。

また、手術痕以外にも。擦り傷で足が傷だらけで怪我して絆創膏を貼っている場合や、あざで色素沈着が起きている場合には脱毛が出来ない場合があります。

脱毛前にカウンセリングで、傷の状態を確かめてもらってから施術を始めましょう。

[医療脱毛/部位]足脱毛ですね毛が濃くなるのは嘘

足脱毛後に濃いすね毛が生えてくるという情報に因果関係は一切ないので嘘の情報です。

実際には、毛の太さや濃さは変わらず、毛の断面の見え方が変わることが原因です。

足の毛を薄くする方法として、脱毛クリームやカミソリを使って毛を剃る人が多いですが、この場合は毛が濃くなったり、チクチクの毛が生えてきてしまいます。

毛深くなることや太くなることが嫌な人は、医療脱毛の足脱毛で永久脱毛することがおすすめです。

[医療脱毛/部位]足脱毛で毛穴のぶつぶつを目立たなくする

医療脱毛の足脱毛でも開いたひざ下の目立つ毛穴のぶつぶつが治る効果はありませんし、本当は毛穴が消えることはありません。

しかし、足脱毛することで開いた毛穴が引き締まり、開いた毛穴を目立たなくすることはできます。

つまり、改善することは十分に可能です。

また、永久脱毛後でも間違ったケアが原因で毛穴が開いて、毛穴目立つことがあります。

脱毛後に肌が乾燥するので、保湿クリームを使って潤いを保つことが重要です。

脱毛後のケアまで行ってツルツルの足を手に入れることができます。

[医療脱毛/部位]足脱毛で黒ずみをなくす

足脱毛で黒いブツブツ・赤いブツブツを消す効果はありませんが、目立たなくする効果は期待できます。

足の毛穴の黒いブツブツの原因は、間違った自己処理で肌が傷ついてしまいメラニンが働くことが色素沈着が起き、これが原因で黒いぶつぶつできてしまいます。

カミソリで脚のムダ毛を逆反りしたり、ピンセットで毛抜きすることで肌を傷つけてしまいます。

また、保湿が足りていないことも黒いブツブツの原因です。

一方で、赤いブツブツの原因は足の毛穴の傷から雑菌が入り、炎症を起こしてしまうことで赤いポツポツができてしまいます。

つまり、間違った足の自己処理が黒いブツブツと赤いブツブツを引き起こしている原因となります。

そのため、医療脱毛の足脱毛をすることで無駄な自己処理の手間が省けるので、結果的に、ブツブツや黒ずみもなくすことができるんですね。

足の毛穴を目立たなくするクリームが市販で販売されていますが、足の医療脱毛が治し方、予防としてはベストです。

[医療脱毛/部位]足脱毛は我慢できないくらい痛い

医療脱毛の足脱毛は他の箇所に比べて痛い部分いなります。

足の部位のなかでも、ひざ下が一番痛い部位になります。

ひざ下が痛い理由は、濃い毛が生える部分であり、皮膚が少ないからです。

一方で、足脱毛でも膝上は痛くない部位になります。

どれくらい痛いかは人によって違いますが、痛みに弱い人は麻酔を使うことで痛みを軽減することができるので痛みを対策することができます。

麻酔を使えば、我慢できないほどの痛さを感じることはなくなります。

知恵袋にある口コミでも、麻酔を使って痛みが軽減したという人は多くいます。

[医療脱毛/部位]足脱毛で汗が増えるのか減るのか?

足脱毛をしても、足の汗が増えることも減ることもありません。

逆に汗が減ることもありません。

足のムダ毛が減ることで汗を感じやすくなるので、汗が増えた!と感じる人もいるようですが、実際には汗が増えることはありません。

[医療脱毛/部位]腕脱毛(ひじ下・ひじ上)の効果を実感できるまでの目安の回数と期間

メンズ医療脱毛で腕脱毛(ひじ下・ひじ上)でムダ毛が抜け始めるまでに必要な回数は3回です。

腕脱毛が完了するまでにかかる回数は6回です。

脱毛サロンでは脱毛が抜けるまでの目安は15回です。

脱毛サロンと、医療脱毛では必要回数が明らかに違います。

そのため、医療脱毛では脱毛サロンよりも短い期間で脱毛を完了させることができます。

少しでも早く腕の脱毛を完了させてツルツルにしたい人は医療脱毛がオススメです。

湘南美容外科ならクリニックの料金相場よりも安い金額で腕の脱毛をすることができます。

[医療脱毛/部位]腕脱毛で体毛が薄い人(細い毛)は早く終わる?

レーザー脱毛では体毛が薄い人ほど効果が実感できるまでの回数、時間が増えるケースが多いです。

医療脱毛で使われるレーザーは黒い色素に反応するので、うで毛が細い人はレーザーが反応しずらくなってしまいツルツルになる効果を実感できるまでに回数が増え時間がかかってしまいます。

一方で、腕のムダ毛が濃い人は、レザーが反応しやすくなるので、早い期間でムダ毛を処理することができます。

腕毛の体毛が薄い人(細い毛)は、レーザー脱毛機器「メディオスターネクスト」を使うことで高い効果が期待できるようになります。

[医療脱毛/部位]腕脱毛の術後の途中経過 写真で紹介

医療脱毛の腕脱毛を実際に受けた人の途中経過を体験談の写真を紹介します。

[医療脱毛/部位]腕脱毛の術後の途中経過 1回目

[医療脱毛/部位]腕脱毛の術後の途中経過 2回目

[医療脱毛/部位]腕脱毛の術後の途中経過 3回目


医療脱毛の腕脱毛は3回目で効果を実感できるようになります。

引用:https://www.dansei-datsumo.com

[医療脱毛/部位]腕脱毛はどれくらいの頻度で通うのがベスト

腕脱毛は毛周期に合わせた2ヶ月のペースで通うことで効果的に脱毛することができます。

腕には、「成長期」、「退行期」、「休止期」の周期があります。

成長期以外の周期ときに脱毛を行っても高い効果を期待することはできません。

逆に、成長期に合わせた間隔でレーザー脱毛することで効果的な脱毛をすることができます。

短い期間で脱毛を完了させたいからといって、周期を無視して1ヶ月おきなど頻度を増やしても効果は期待できません。

また、半年期間をあけたり、期間をあけすぎても効果はありません。

特に、1回目を終えた次の脱毛がとても重要になります。

なぜなら、1回目はクリニック側が肌トラブルがないか確かめるために、弱い照射で脱毛を行うからです。

1回目から2回目は特に毛周期を意識した間隔で脱毛するようにしましょう。

毛周期には個人差があるので、クリニックで自分のベストの間隔を相談することが重要です。

毛周期に合わせた間隔で脱毛することが、一番の効果を上げるほう方法であり、なかなか抜けないムダ毛を早く抜ける方法です。

クリニックによっては、予約が取りずらく自分の周期にあったタイミングで施術ができない場合があるので、予約が取りやすいクリニックを選択することがとても需要です。

湘南美容外科クリニックなら、クリニック数が多いので予約が取りやすいクリニックです。

[医療脱毛/部位]腕脱毛はどれくらいかかるの?施術時間を解説

「腕脱毛どれくらいかかるの?」、「何時間も1回の施術にかける時間はない!」このような人は少なくないと思います。

医療脱毛の両腕脱毛の1回あたりの平均施術時間の目安は1時間です。

片腕あたりにかかる所要時間は約30分になります。

施術の経験値が少ないスタッフになると照射時間は長くなります。

少しでも早く腕脱毛の施術時間を短くしたい人は、経験が多いスタッフに脱毛してもらうことで早く終わらせることができます。

湘南美容外科クリニックは、経験値が高いスタッフが多いクリニックとしても有名です。

[医療脱毛/部位]腕脱毛の照射範囲はどこまで

腕脱毛の照射範囲がどこまでは、クリニックによって違います。

基本的には、「手の指」、「手の甲」、「ひじ上(二の腕)」、「ひじ下」に分けているクリニックが多いです。

クリニックによっては、契約料金が安くても照射範囲が狭いこともあるので、契約前に照射範囲は確かめる必要があります。

湘南美容外科クリニックなら、手の甲、指、前腕を含めた腕全体をまとめて脱毛するコースが用意されています。

[医療脱毛/部位]腕脱毛の硬毛化の原因と対策

医療脱毛の腕脱毛で硬毛化になりやすい人はうぶ毛が多い体質の人です。

また、肌ストレスが原因となって太い毛に変わったり、毛が濃くなることになってしまいます。

腕のなかでもうぶ毛が多い二の腕は特に硬毛化が起こりやすい部位になります。

腕の毛が硬毛化したら放置して医療脱毛を続けることが解消方法です。

腕が硬毛化してしまった場合には、蓄熱式のメディオスターが効果的になります。

また、硬毛化の対策として硬毛化の保証制度が用意されているクリニックを選ぶことが重要です。

湘南美容外科クリニックなら、安心保証制度が用意されているので、硬毛化になった場合には、無料で保証してもらうことができます。

[医療脱毛/部位]腕脱毛はニキビがあってもできるのか解説

医療脱毛の腕脱毛は、腕にニキビがあっても施術を受けることができます。

基本的にクリニックでは、ニキビがある箇所は避けてレーザー脱毛を施術してくれます。

ニキビと毛嚢炎の違いは、原因菌の違いにあります。

ニキビの原因菌は「アクネ菌」に対して、毛嚢炎の原因菌は「ブドウ球菌」という雑菌が毛穴に入ることで毛嚢炎が発症します。

万が一、脱毛後に毛嚢炎ができた場合の治療方法としては、常に箇所を清潔に保って殺菌することが重要です。

かゆみやかゆみが出る場合にはお医者さんに相談するようにしましょう。

[医療脱毛/部位]腕脱毛で目立つ腕のポツポツ毛穴が解消できる

腕のポツポツ毛穴の原因は、カミソリなどで肌を傷つけてしまい毛穴が開くことが原因です。

医療レーザー脱毛なら、なかなか消えない目立つ毛穴を解消することができます。

[医療脱毛/部位]腕脱毛はシミがあっても脱毛できるのか解説

医療脱毛の腕脱毛はシミがあても脱毛することができます。

また、レーザー脱毛をしても、シミが濃くなることはありません。

基本的にクリニックでは、シミがある箇所は避けて照射したり、テープを貼って照射していくからです。

一方で、クリニックで使われるレーザー脱毛機器の中には、シミ取りの効果が期待できる機器もあります。

アレキサンドライトレーザーは、美白効果が期待できるので、脱毛と同時に美白効果でシミが消えるケースもあります。

レーザー脱毛の永久脱毛には、シミになるリスクがありますが、正しい自己処理をすることで極限までリスクを減らすことができます。

[医療脱毛/部位]腕脱毛でブツブツがあるとできない

二の腕の肌表面にできやすいザラザラとしたブツブツを「毛孔性苔癬」、「毛孔角化症」といいます。

見た目はニキビのようですが、毛孔性苔癬は角質異常な分泌が原因となって、毛穴に角質が溜まってしまうことで発生します。

この毛孔性苔癬がある場合は、脱毛サロンでは脱毛できないことが多いです。

なぜなら、脱毛サロンで使われる光脱毛では、照射パワーが弱すぎて、逆に「硬毛化」を引き起こす可能性があるからです。

しかし、医療脱毛クリニックであれば、高出力のレーザー機器を使うことができるので腕に毛孔性苔癬があても腕脱毛をすることが可能です。

医療脱毛をすることで、無駄なカミソリを使った自己処理をする必要がなくなり、毛穴を開くことを防ぐことができます。

結果、毛穴に角質を溜まることを防ぐことができるので、毛孔性苔癬がある場合は、医療脱毛で治療することがおすすめです。